アイドルに転職したい

大学卒業後、社会人2年目の職歴1年で会社を退職。第二新卒転職、またフリーランスなどに関するのんびり雑記ブログ

最速内定!オススメ転職サイトの活用術

 

広告を非表示にする

【VALUとは?】初心者が絶対に知っておくべき7つの注意点

f:id:tensyoku3:20170817062754p:plain

最近、大手 Youtuber ヒカルさんの騒動で VALU というサービスが話題になりましたね。VALUは自分が好きなブロガーやクリエーター、歌手、実業家など、応援したいと思う「個人」を応援することができるサービスです。一方で「将来成し遂げたいことがある!」という夢を持った方は必見ですね。

このページではVALUに対して「どんなサービスなの?」「どんなメリットがあるの?」「危険じゃないの?」といった疑問を持っている初心者の方に向けて、注意点も含めて出来るだけ分かりやすくVALUを解説していきます。

 

VALUの具体的な始め方についてはこちらから →

tensyoku3.hatenablog.com

  

目次

VALUは個人を応援するサービス

2017年5月31日にリリースされてから爆発的に広まり、ホリエモン氏やイケダハヤト氏だけでなく多くの芸能人も参入しています。

VALUは個人を応援出来るという今までにない尖ったサービスで、支援方法は主に資金面になります。

一般的な資金調達方法は株式や銀行融資になります。その前提として、企業である必要があります。しかし、VALUの対象は個人。個人が自由に資金調達をすることが出来るのでかなり話題になっています。勿論、皆さんは応援する側にも、応援される側にもなれます。

それでは実際にVALUの仕組みを見ていきましょう。

f:id:tensyoku3:20170817065232p:plain

まずは応援されたい人がVAを発行し、応援したい人がそのVAをお金を払って購入します。そして、VAを発行した個人には「資金」が、応援者には購入した「VA」が手元に残ります。

VALUを利用することで応援したい個人に資金を渡すことが出来ます。例えば、今までは好きなクリエイターさんを応援しようと思っても、出来ることはその人の作品を買ったりすることくらいでしたよね。しかし、応援者がVAを購入することでVALU発行者は資金調達することが出来ます。

VALU発行者は、その資金を作品の制作費や遠征費などにあてることができ、活動に専念出来るという訳です。これはやりたいことがある個人には大きなメリットです。

無名な頃はやりたい活動があったとしても、生活をするためにバイトを掛け持ちしたりして、活動に専念出来ない時間が多いですからね。。。

 

VAを購入したVALUER側のメリット 

勿論、VAを購入して応援をするVALUER側のメリットもあります。

f:id:tensyoku3:20170817070317p:plain

優待制度

優待内容はVALU発行者が自由に設定することが出来るのですが、実際に見てみるといろいろなものがあって面白いですよ笑VAを買ったVALUERのメリットは「優待制度」です。VALU発行者は自分のVALUERに独自サービスを提供することが出来ます。「私のVAを買ってくれてありがとう、お礼をしますね!」というもの。

ブロガーで多いのは「自身のSNSで記事や商品を紹介します!」というもので大きな宣伝効果が期待できます。他にも「専門分野の相談にのります!」というものや、有名人であれば「出会ったときに握手やサイン、写真撮影に応じます」というものまであります。

このように「この人めっちゃいい絵師さんだな〜!もっと有名になってほしい!」といった個人を応援したいという理由で購入したり、「この人の優待は魅力的だから受けたい!」といった理由から購入するというのもありです。

  

しかし、VALU発行者が付ける優待は義務ではありません。付けていない方もいるので、優待に重点を置くのであればちゃんと確認するようにしましょう。

 

VALU発行者の注意点

次にVALU発行者が注意しないければいけない点は、VALUは信頼の取引であるということです。知らずに後悔しても遅いので最低限これらのことは把握しておきましょう。

過度な優待は危険

VAを購入してもらうために過度な優待を付けることは自分の首を締めることになる可能性があります。例えば「無制限に専門分野の相談にのります」といった、継続的に時間や労力を消費する優待を付けたとします。今後はVAを売却する度に、新規VALUERは増えていき、その優待に費やす時間労力が増え続けます。

自分のVAを自分から購入してもらう分には、資金調達が出来るのでいいかもしれません。しかし、VALUER同士で売却が起こった場合は新たな資金調達がないにも関わらず、優待を行わなければならなくなります。

頻繁にVALUER同士で売却が行われるようになったら、その時間労力はどんどん増えていってしまうでしょう。自分も無理なく、そしてVALUERが満足出来る自分だけのオリジナル優待を考えましょう。

 

運営方法によってはVALUERの信頼を失う

例えば最初にVA売却だけしておいて、その後にVALUERに活動報告を一切しなかったり、最初に掲げた優待を実行しなかったりするのは危険です。

当然ですが、いい加減な運営をしていると自身の信頼を大きく損なうことになってしまいます。VALUは信頼の上に成り立っているため、運営方法によっては自分のファンを失うリスクもあるのです。常に自分を応援してくれるVALUERのことを考えた運営をするように心掛けましょうね。

 

VALUERの注意点 

VAを購入するVALUERが注意するべき点をまとめておきます。

①VAの価値が変動する

最も注意したいのは、VALU発行者から購入したVAは価値が変動するということ。極端な例ですが、例えばVAを1つ1,000円で購入したとします。これが翌日には1,500円の価値になったり、翌々日には500円の価値になったりするのです。

つまりVAは価値が一定ではありません。

この価格の変動はVALUの発行者自身の価値によって決まります。発行者が自身の価値を高めて、多くの人がVAを購入したいと思えば上がっていきますし、逆にVAを購入したいと思う人が減ってしまえばVAの価値は下がっていきます。

 

②投資的な要素を含んでいる

先程も触れましたが、購入したVAはVALUER間で売却することが出来ます。つまり、VAを1,000円で購入して1,500円まで価値が上がった時に売却すれば500円の儲け、逆に価値が500円まで落ちた時に売却すると500円の損失になるといったことですね。

f:id:tensyoku3:20170817074225p:plain

 

昔ハマっていた遊戯王のレアカードを1枚1,000円で購入したけれど、その後は価格が変動し続け、今売っても200円にしかならない…。つまり、800円の赤字になりますね。

「VAを売却することが出来る」ということは、メリットとデメリット両方の要素を含んでいます。実際にVALUが公開された当初に有名人のVAを購入して、VAの価値が上がったら売却して大きく稼いでいる方もいます。勿論、投資的な要素も含んでいるので、大きく損をしてしまうこともありえます。個人的には投資は余剰金で行うものだと思っているので、過度な購入は注意しましょう。

 

③発行者が突然いなくなるリスク

VAは個人を応援することが出来ますが、有名な方から無名な方まで本当に色々な人が参入しています。VALU発行者になるための審査はありますが、株式のように実績を見たり厳しい審査がある訳ではありません。そのため、残念ではありますが、VAの発行者が突然いなくなって音信不通になるというリスクも充分にあり得ます。

誰を応援するのかは個人の自由ですが、少なくともあなたが信用出来ると思った人、応援してて何かあっても後悔しない人を応援するのがおすすめです。

 

④サービスが終了するリスク

さっきは発行者がいなくなるリスクをお伝えしましたが、VALU自体にもリスクはあります。VALU自体がまた始まったばかりのサービスなので、正直この先どうなるか分からないという懸念の声があるのは事実です。

仕組み自体はとても面白いですが、VALUというサービスが今後どう成長していくのかは不透明な部分が多いです。先日麻生太郎さんが少し言及していましたが、法的に規制が入る可能性もありますし、この辺りは慎重に見守っていきたいと思います。

 

⑤購入にビットコイン(仮想通貨)が必要なので敷居が高い

VAの購入にはビットコイン(仮想通貨)が必要です。「ビットコインって何?」「え?面倒くさいからいいや」となってしまう方が多くいると思います。恐らく、VALUを利用する際に最も障壁になるのはビットコインですね。現金やクレジットカードで直接購入出来れば分かりやすいのですけど。

ただ私も最初は「面倒そうだな」と思っていましたが、全体の流れを理解すれば、とてもスムーズで簡単に購入できました。

一応、VALUを始めたいと思っている方が迷わないようにこちらにVALUの始め方をまとめました。これからビットコインは日常生活の中で当たり前の存在になります。時代の流れに取り残されないためにも、この機会にビットコインについて理解するのもいいかもしれませんね。 

まとめ

VALUは個人を応援出来る新しい仕組みです。私は個の時代を象徴する面白いサービスだなーと感じています。もちろん始まったばかりのサービスなので、不安な要素もあります。ただその分、これからの成長は未知数ですし、不安な点が改善されてよりよいサービスになっていくだろうなと思っています。

 

これからは個の時代。

 

VALUがあなたの人生を大きく変えるキッカケになってくれるかもしれませんね。

VALUの具体的な始め方についてはこちらから → 

tensyoku3.hatenablog.com

広告を非表示にする

【VALUの始め方】コインチャットでビットコインを購入する方法

f:id:tensyoku3:20170815221959p:plain

 

最近、界隈で話題のビットコインを利用するサービスVALUホリエモンさん、イケダハヤトさんなどの多数著名人が参加されており、2017年8月15日にYoutuber最大手のヒカルさん、いっくんさん、ラファエルさんも参加表明しております。彼らを筆頭にYoutube界隈でも盛り上がりをみせ、より広く一般に認知されるのではないでしょうか。

 

VALUは手順方法さえ抑えておけば簡単に始めることができます。

 

今回の記事は「やってみたいけど... ビットコイン?仮想通貨想?」という初心者の方でも分かりやすいように、VALUを始めるための方法を分かりやすく解説していきます。

 

VALUの詳細や注意点についてはこちらから 

tensyoku3.hatenablog.com

 

 

ビットコインとは

ビットコインは暗号通貨とも呼ばれる仮想通貨です。インターネット上で存在しているお金ですが、仮想のため紙幣や硬貨としては存在していません。

仮想通貨の存在を知った昨年初めは「え、大丈夫?流行るの?」って思っていました。しかし、現在は海外でも広く普及されつつあり、日本では楽天やNTT、リクルート、ビックカメラなど多数大手企業、飲食店やクリニックなどでも導入されています。また、近日中に数十万店舗のコンビニでもビットコイン決済を導入される準備もすすめられているようです。恐らくAmazonにも導入の流れが起きるでしょうし、ビットコインでの決済が当たり前になる未来は近いのではないでしょうか。

 

なぜ仮想通貨が話題なのか?

仮想通貨はインターネット上の各国共通の電子通貨のようなものなので、

・手数料が安い

・世界中どこでも使える

といった特徴のため注目されています。クレジットカードより手数料が安く、両替不要で世界中で使える。また、日本は2020年の東京オリンピックで多くの外国人観光客が訪日すると考えられます。従って、価値上昇が見込まれる便利な仮想通貨を企業や店舗が導入する流れになっています。

 仮想通貨の種類

ビットコインは仮想通貨の中の1つです。実は仮想通貨自体は数百種類も存在しており、下記以外にもたくさん発行されています。数ある仮想通貨の中で一番メジャーな仮想通貨が「ビットコイン」そして、ビットコイン以外の仮想通貨達は「アルトコイン」と呼ばれています。


 

 

VALUの始め方

それではここからはVALUの始め方を解説していこうと思います。

大まかな流れとしては

  1. 取引所を開設
  2. 二段階認証を設定
  3. 本人確認
  4. 取引所に入金
  5. 取引所に入金したお金でビットコインを購入
  6. 取引所からVALUにビットコインを送金

このような感じです。本人確認や住所確認書類などの受け取りがあるので、取引出来るようになるまでは大体1週間程度はみる必要があると思います。ただ、実際は書類確認や住所確認書類などの到着を待っている時間が長いだけで手続き自体は簡単です。さくっと進めていきましょう!

 

1,取引所を開設する

まずVALUを利用するにはビットコインを手に入れる必要があるため、その仮想通貨を取り扱うための専用口座を開設します。この仮想通貨を取り扱う口座のことを取引所といいます。自分専用の銀行口座を作るイメージですね。取引所は結構沢山あるのですが有名なところは「コインチェック」と「 ビットフライヤー」と 「ザイフ」がよく使われていますね。

 

私も現在使っていますが、まずは管理画面がシンプルで分かりやすい「コインチェック」での開設がいいと思います。

 

「bitflyer」「Zaif」「coincheck」各取引所についてはこちらから

 

 

初心者の方ならコインチェックを1つ開設しておけば間違いないです。

登録はメールアドレスパスワードを入力するだけなので簡単に出来てしまいます。

登録費用は一切無料で、年会費なども掛からないため、とりあえずアカウントを作ってみるというのもいいかもしれません。coincheckの登録手順も解説しておきます。

まずは「コインチェック」のページを開きましょう。

 

こちらがコインチェックの公式ページ。

ユーザー登録から自分のメールアドレスパスワードを入力しましょう。

「アカウント作成」のボタンを押すと登録したメールアドレス宛に確認メールが送信されます。

メールを確認して記載されているURLをクリックすると認証が完了します。

本当にあっという間に登録が出来てしまいます。

 

2,二段階認証を設定する

コインチェックに登録したら絶対にやっておくべきことがあります。それが二段階認証。二段階認証を設定しておくことでセキュリティを格段に強化することが出来ます。

またコインチェックは、不正ログインなどをされて損失が出てしまった場合に最大で100万円までの補償を付けてくれています。

二段階認証の設定ページに移動するには、メニュー内の「設定(①)」「二段階認証(②)」をクリック。

そして、二段階認証をするためのアプリ「Google Authenticato」をダウンロードしましょう(③)。

アプリをダウンロードしたら「設定する(④)」をクリック。「Google Authenticato」は二段階認証を行いセキュリティを強化出来るアプリです。

まずは「設定を開始」をクリック。

「バーコードをスキャン」をクリック。

するとカメラが立ち上がるので、二段階認証画面に表示されているバーコードをスキャンしましょう(①)。

すると「Google Authenticato」にコインチェックのアカウントが登録され6桁の数字が表示されるので、その数字をへ入力しましょう。

6桁の数字の入力が終わったら「設定する(③)」ボタンをクリックです。

ちなみに左下のパックマンみたいなのは、今表示されている6桁の数字の有効時間です。

残り時間がなくなると新しい6桁の数字に切り替わるだけなので、時間が迫っているからといって焦らなくて大丈夫!

下記の画像のように「設定済みです」と表示されれば二段階認証は完了です!

3,本人確認を行う

ビットコインを購入するには本人確認が必要です。

メニュー内の「設定」から「本人確認」をクリックしましょう。

本人確認の流れは、

  1. 必要事項を記入して写真をアップロードする
  2. 後日郵送されてくるハガキを受け取る

これだけなので、それほど手間ではありませでした。

画面の案内に従いながら必要事項と写真をアップロードしましょう。

またクレジットカードでビットコインを購入する場合は、まず電話番号の登録が必要になります。

電話番号の登録は電話番号にSMSを送り、送信された認証コードを入力するだけなので、1分もかからずに出来ると思います。

 

クレジットカードでビットコインを購入するのはとても便利ですが、正直はおすすめはしていません。理由は詳しく後述しますね!

私は朝の9時くらいに本人確認を行ったのですが、5分くらいで本人確認書類の確認が完了したメールが届きました。早い!その後もハガキを発送した時と、近くの配送局にハガキが届いた時にメールが送られてきたので親切だなーと思いました。

ハガキ自体は本人確認書類の完了メールをもらってから3日後に届きました。

書留で来るので必ずサインをして直接受け取りましょう。

ハガキを受け取った後に少し待つと「ハガキの受け取り確認メール」が送られてきます。これで本人確認は全て完了です!

さっそく、ビットコインを購入していきましょう!

 

4,取引所に入金する

ビットコインを購入するためには、まずコインチェックへお金を入れる必要があります。いわゆる入金ですね。

入金方法は主に下記の4つがあります。

  1. 銀行振込
  2. 海外からの入金
  3. コンビニ入金
  4. クイック入金

それぞれの注意点や手数料の記載があるので、よく読んだ上で入金を行いましょう。ちなみに私は銀行振込で1万円ほど入金を行ってみましたが、入金してから1時間ほどで反映されました。

5,取引所に入金したお金でビットコインを購入する

取引所に入金が完了したら、そのお金を使ってビットコインを購入することが出来ます。

とりあえず入金した1万円でビットコインを購入してみます。

「JPY」は日本円(Japanese Yen)ですが、「BTC」はビットコインの単位です。もの凄く大雑把ですが、現在1BTCが大体日本円で50万円くらいという感じです(日々変動します)。

なので0.1BTCは5万円、0.01BTCは5,000円、0.001BTCは500円ということになりますね。レートは随時変動して変わっていきます。ちなみにビットコインはクレジットカードでも購入することが出来るのですが、僕はクレジットカードでの購入はおすすめしません。

確かにクレジットカードは日本円を入金する手間なく、そのままビットコインを購入することが出来るので非常に便利なのですが、

・購入時の手数料が高い(約8%)

・クレジットカードで購入したビットコインは1週間経過しないと送金や売却が出来ない

といったデメリットがあります。そのため個人的には銀行振込で入金し、ビットコインを購入する流れをおすすめします。

 

6,VALUへビットコインを送金する

コインチェックでビットコインを購入したら、そのビットコインをVALUへ送ってあげましょう。まずはVALUのアカウントを開設します。

※現在VALUの営業時間は平日の9時〜21時のみです(2017年8月15日現在)。それ以外の時間にアクセスするとメンテナンス中と表示されるので注意して下さい。VALUの登録にはfacebookアカウントが必要になるので、所持していない方は登録から進めましょう。

ちなみにvaluでも二段階認証を設定することが出来るので、セキュリティを強化するためにも行っておきましょう。手順はコインチェックの時と同じです。

では、二段階認証を設定してセキュリティも強化したところで送金の準備です。

メニュー内の「口座の管理」をクリックしましょう。

「口座の管理」の入金ページにあなた専用の「BTC入金先アドレス」が表示されます。これはビットコインの入金用の口座番号のようなものです。矢印で示した文字列をコピーしておきましょう。

※注意点としてこの「BTC入金先アドレス」は入金が行われるごとに新しいアドレスが作成されます。

古いアドレスを繰り返し使用してしまうと入金が出来ないので、入金の際は必ず最新の「BTC入金先アドレス」を使うようにしましょう。

次に「コインチェック」の画面を開きます。

トップページの「ウォレット(①)」をクリックしてメニュー内の「コインを送る(②)」をクリック。

コインを送るのページに移動したら「ビットコインアドレスで送る(③)」が選択されていることを確認して、「送金先リストの編集(④)」をクリック。

そして、送金先リストを編集していきます。

新規ラベルは自由に記載していいので分かりやすく「VALU(①)」としておきましょう。

続いて新規宛先に先程VALUでコピーしておいた「BTC入金先アドレス(②)」を貼って「追加ボタン(③)」をクリックして登録。

あとは宛先と金額を指定することでVALUへ送金することが出来ます。また送金には手数料として「0.0005BTC」がかかるので注意しましょう。

0.0005BTCって言われても分かりにくいですね、約150円です。

私の場合は送金してから1時間ほどでVALUの方に入金が反映されました。これでビットコインを使ってこんな感じで自由にVAを購入することが出来ます。

またVALUでの売買にも手数料がかかるので、しっかりと把握した上で行いましょうね。

ちなみに「BTCの表示だと分かりづらい!」という場合は、VALUのメニューから日本円に切り替えることも出来ます。

凄く見やすくなるのでぜひ切り替えを試してみて下さい!

VALU発行者になろう

もしあなたが「自分のVALUを発行したい!」と思っているのなら、簡単に申し込みをすることが出来ます。

その際、あなたの価値はfacebook、Twitter、InstagramなどのSNSの情報をもとに算出されます。

今現在はVALU発行の申込みが殺到していて審査に遅れが出ているようです。

この機会に自身のVALUを発行してみると面白いと思いますよ!

まとめ

YoutuberのヒカルさんはVALUで5,000万円以上もの資金を数時間で集めたみたいですね。そしてその資金をもとに、今後に期待出来る若者達のVAを購入して応援する。VAを購入してもらった発行者からは感謝されるし、その発行者達が将来的に成長すれば、充分な見返りもある。

色々な人がVALUで試行錯誤していますが、使い方が上手い人はいい好循環になっているんですよね。今後はもっと面白い使い方も生まれてきそう。

本当に使い方次第でいろんな可能性を秘めているサービスだなーと感じています。実名、顔出しで何かに全力で取り組んでいる人ならVAを発行する価値は充分あると思います。

ビットコイン自体はこれから私たちの生活の一部になってくるので、この機会に勉強がてらコインチェックで無料の口座開設をしてみるのもいいかもしれませんね!

 

またVALUを始めるのなら最低限注意しなければいけない点も押さえておきましょう!

広告を非表示にする

世界美食平和万歳

氏は月に一度、平城京からトーキョーへ訪れる友人と飲みにいく。渋谷で落ち合った二人は諒解し合った「どこへ飲みに行くか」漫談をしながらいつもの居酒屋へ向かう。でんぱ組.incに首ったけの彼は、数々のオモチロ話を聞かせてくれるのだ。

 

その店の片隅で酒を酌み交わしていたとき、彼は叫んだ。「ねむさん最高!オレらも最高!」どう意味かはわからないが世界は今日も平和である。

 

それにしても、出てくるもの出てくるもの美味しくないものが何一つない。机上は見渡す限り美しいもので埋め尽くされており、森羅万象が美味しいもので満ち溢れている。月に一度の口福が彼を、そして氏を支えている。

 

世界美食平和万歳。

広告を非表示にする

【閲覧注意】32万匹以上のダニノミアレルゲン物質を排除して部屋を聖域にした話

「駆逐してやる...!この部屋から... 一匹残らず!」

部屋に入った途端、アレルゲン友人は肌荒れやくしゃみ鼻水が止まらなくなっていました。彼はダニアレルゲンらしい。私の部屋は毎日コロコロと週3回以上の掃除をしており、色んな友人から部屋が片付いていて綺麗だねと言われることも比較的多かったのでとても悲しくなってきました。

(普段からベッドはこんな感じ)

f:id:tensyoku3:20170805181228j:plain

ショックを受けたぼくはダニなどのアレルゲン関連についてたくさん調べました。そして、コレ!と思ったツカモトエイム ecomo 布団マットレス用UV除菌クリーナー HEAT Amazon 即日配送でポチりました。

 

生きているダニよりその死骸がアレルゲンになる

一般的な布団やマットレスにはダニが32万匹以上も存在すると言われており、アレルギー性鼻炎や痒み喘息を引き起こします。それらの主な原因は生きているダニよりもその死骸や糞が多いので、駆除したあとの処理が最も重要。

 

彼らは人間のフケやアカ、ホコリなどをエサにして高温多湿の環境で増殖します。小さい子どもはアレルゲン体質を引き起こしやすいので要注意ですが、アレルゲン体質のない大人の方でも、長年ダニの死骸や糞に囲まれた生活を続けてアレルギー物質に耐えられる許容範囲を超えてしまうとアレルギー症状や喘息を起こす可能性があります。

 

また、ダニは50度以上で死滅しますが、日干しでは布団中心部まで50度に達しない、布団乾燥機もそれ以上高温にはならない。マットレスは大きくて日干しが難しい。スチームアイロンを掛けてから家庭用掃除機で吸い込むのもいいけれど、暑くて電気代が嵩むし、吸い込むとゴボッツッツ!となって扱いづらい、手間が掛かるから気軽にできない。全て1台で解決できるのが布団用クリーナー。

 

ダニ退治駆除ならレイコップ(の類似品)

ダニ退治布団用クリーナーといえばレイコップ!高機能な韓国製品。医師が開発に携わり、振動パッドやUVライト、適切な吸引力でダニや埃などのハウスダストにベストな布団用クリーナー。これが最強らしいけど高い、3万円前後。 

 

「1万円以下でレイコップの類似商品はないかな...  防ダニ用品、除湿用品とかも買い揃えたいし... 」と思い、レイコップと似た同じような機能を持つものを探してみると、ザ・ベスト・オブ・コスパの類似商品が見つかったので Amazon で即購入しました。

 

ツカモトエイムのUV除菌クリーナーを使ってみた

毎分3,600回の振動でダニを浮かせて、UVライトで弱体化、熱風を吹きかけて死滅させ、吸い取る。日本製品ツカモトエイム ecomo 布団マットレス用UV除菌クリーナー HEAT は大幅値下げ中の6,000円で安い、レイコップと同機能の類似品として充分な機能を持つ布団クリーナーです。下面だけでなく上面にも吸い込み口が付いているため、舞い上がった塵なども一緒に吸い取ってくれます。

 

上記ベットマットレス画像の状態だったので「いや、そんなにダニいないでしょ」と思いながら開封してスイッチオンしてみました。適当に掛けてカートリッジから吸い取ったダニやゴミを取り出したものが以下です。

 

f:id:tensyoku3:20170805223354j:plain

f:id:tensyoku3:20170805223408j:plain

Instagram

 

「ウソでしょ...笑」ダニの死骸らしきものや細かい塵がとんでもない量で立ち現れました。衝撃的過ぎてヘラヘラと泣き笑いながら、気が狂ったようにフィルターのゴミを落とします。ぼくはこんなところで寝ていたのか... 悲しい... この後はすぐにダニノミ用バルサンプロEX6~8畳用を炊いて、ダニスプレー 駆除・防止用を吹き掛け、布団マットレス用UV除菌クリーナーをあらゆるものに掛けて念入りにホーリープレイしました。悲しい。

 

まとめ

綺麗に部屋を保っていると自負していた自分が恥ずかしいです。きっとあなたの部屋にも目に見えないダニやその死骸、糞が想像以上に存在していますよ(小声) 今後はダニの増殖を防ぎながらこまめに手入れをしていきます。

 

【第2類医薬品】バルサンプロEX6~8畳用 20g×3

【第2類医薬品】バルサンプロEX6~8畳用 20g×3

 
ダニがいなくなるスプレー 駆除・防止 ソープの香り 300mL (畳・寝具・ソファーに)

ダニがいなくなるスプレー 駆除・防止 ソープの香り 300mL (畳・寝具・ソファーに)

 
広告を非表示にする

8月1日

「夏休みに立て籠もりたい」常々このように思っている。思えば立て籠もってばかりの人生であった。学生時代は奈良盆地京都御所に立て籠もり、社会人は鴨川デルタから目黒川に立て籠もってきた。そんなぼくにとって「夏休み」という言葉はひどくステキな響きであった。空気がフワッと軽くなり、口角が上がり、慌ただしい日常から解放されて夜更かしする。

 

ぼくは飼いネコと一緒に八月氏を迎えた。「さあ、2017年も残りは3分の1」彼は綺麗な七三分けが似合う筋骨隆々男である。「あくまで参考意見ではありますが、あなたは早寝早起きをするべきです」何を言ったわけではないが、肩幅が広い人は発言に説得力がある。確かにぼくはフリーランスの請負案件やその他作業を昼夜問わず行っている。もやしっ子のぼくは頷いた。

  

やがて八月氏は「早寝早起き」と書いた半紙を取りだし、リビングとトイレの壁にぺたぺたと貼り始めた。やる気に充ち満ちた暑苦しい字体はスイカバーなしには見るに耐えない。そして八月氏は「前から手を差し伸べてくれる人、後ろから背中を押してくれる人、横で一緒に歩いてくれる人をちゃんと大切にするんだよ」と言い残して去った。もやしっ子のぼくは頷いた。

 

月氏を玄関まで見送ったぼくがリビングへ戻ると、飼いネコが「早寝早起き」の半紙をいそいそと壁から剥がしていた。そして、それをゴミ箱にポイと捨て、ぼくに向かって敬礼した。

 

「片付け完了致しました」

 

「うぬ」

 

 

 

 

広告を非表示にする

神の子どもたちはみな踊る

好きなエライザは池田の皆さん、おはようございます。彼女が飼っているトリさんの動画はかわゆすぎて致死ですね。でも、彼女はきっと片付けが苦手なので部屋はトリさん臭い。

 

夏ほど匂いの豊かな季節はない。夏ほど追憶に溢れた季節もまた他にない。匂いは沈殿した過去を掻き混ぜて記憶を巻き上げる。外道を歩くだけで思い出に押し潰されそうになる日もある。足取りは軌道を外れて、何気無い散歩はあてどない彷徨へと変わっていく。

 

昨年の夏は友人とドライブをした。フラワーカンパニーズの「深夜高速」を流しながら、海へ向かう真夜中の道を走るのが好きだった。彼は村上春樹の「蜂蜜パイ」という短編について語る。主人公は小説家として狭い部屋で物静かに物語を描き続け、36歳で学生時代から友人関係だった小夜子と結婚する。村上春樹にしては珍しい、ハッピーエンドの物語。

 

不可解な幻想の季節、誰しもが淡い夢物語を心の隅に描く、夏。

 

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする

20代~30代の薄毛に悩む方のために薄毛治療専門ヘアライフAGAクリニック
無料カウンセリング

最新のAGA治療なら【東京メンズサポートクリニック】

男のための医師団エーツー美容外科

初めての方でも安心!半額モニターキャンペーン実施中!薄毛治療なら新宿AGAクリニック

【池袋、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡】で薄毛治療をするなら

無料カウンセリング実施中!恵比寿美容クリニック

広告を非表示にする

20代におすすめの転職サイト35社を職歴あり・無しで比較まとめ

24cb00d73e3a52cb84568d8f057dd874_s

20代は仕事の方向性や将来に悩む時期、転職するかどうかでも迷う時期ですね。
転職活動には膨大な気力とエネルギーが必要ですし、失敗したくないという気持ちも強く働きます。

初めて転職で困っている人、職歴なしで悩んでいる20代も少なくないでしょう。
20代の若手におすすめの転職サイトを比較し、タイプ別に情報をまとめてみました。

最速内定!オススメ転職サイトの活用術

20代の転職サイトの選び方

転職サイトより転職エージェントがおすすめ

初めての転職は、そもそも自分の経験やスキルで応募可能な求人案件の選び方や、転職活動のノウハウなど、何をどうしたら良いのか?わからないことだらけですよね。
転職慣れしていない若年層は自力で活動する転職サイトより転職エージェントを頼ることがおすすめです。

転職エージェントは人材紹介会社として非公開求人を紹介してもらえるだけでなく、キャリアカウンセリングを受け履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策まで転職のプロのサポートを無料で受けられます。

20代後半でキャリアを生かして転職するなら

キャリアやスキルを積んだ20代後半の人材なら、総合型の転職エージェントがおすすめです。大手有名企業や優良企業などの営業から事務系・技術系まで幅広い業界や職種の求人案件が豊富で、多くの紹介求人の中から自分の希望条件にマッチする案件に応募が可能です。
年収アップ、キャリアアップできる転職先を見つけることが出来るでしょう。

キャリアアップしたい20代後半におすすめの転職サイト

20代前半~20代半ばでキャリアに自信が無い人は

社会人経験も数年で、まだキャリアに自信が無い若年層の場合は、第二新卒向けの転職エージェントの利用をおすすめします。
第二新卒の求人案件を多く抱える転職エージェントなら、積極的にポテンシャル採用を行うクライアント企業との付き合いもありますので、心強いですね。

第二新卒で転職したい20代前半におすすめの転職サイト

20代で職歴無しから正社員就職するなら

アルバイト経験や派遣から正社員への就職を考える20代若手であれば、ニート既卒・フリーター向けの転職エージェントを利用するのが良いでしょう。
社会人経験や職歴の無い若年層に、ビジネスマナーからしっかり指導してくれる転職エージェントがおすすめです。

既卒・フリーターから正社員就職におすすめの転職サイト

IT系エンジニアは特化型の転職サイトも併用すべし

若手技術者やITエンジニアなら、業界に特化した転職サイトも併用して活動するのがおすすめです。専門特化した転職サイトなら、大手から新進のベンチャー企業まで多様な職種のニッチな求人案件もありますよ。
IT専門の転職エージェントでは、専門用語やスキルの話もスムーズなのが嬉しいですね。

関連記事:ITエンジニアにおすすめの転職サイト比較

もし転職エージェントに登録を断られたら・・・?

頼りになる転職エージェントですが、「紹介できる求人がありません」として登録をことわられるケースもあります。
求職者側は無料ですが、エージェント側は企業からの成功報酬が売上になるため、キャリアや保有スキルによって、転職エージェントの得意とする分野とは合わない人は最初から登録できないのですね。

自分のキャリアに合う転職エージェントに複数登録を試み、転職サイトも使って活動することをおすすめします。転職サイトによっては、webレジュメを登録するとスカウトメールが届くサービスもありますので活用しましょう。

エージェントに登録を断られたら使うべき転職サイト

20代におすすめの転職サイト35社を比較

キャリアアップしたい20代後半におすすめの転職サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの公式ページはこちら

国内最大手で内定決定数はNo.1を誇る、大量の紹介案件が確実な総合転職エージェントです。求人企業は3〜5年目の社会人を得意とし、営業力の高い担当コンサルタントとスピード感のある転職活動が可能ですが、転職に迷っている段階なら他社エージェントも良いでしょう。大手企業の非公開求人も豊富で、第二新卒でリベンジ転職を狙う人にもおすすめです。
ビジネスライクに淡々と、サクッと転職したいキャリアのある20代におすすめです。

②type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントの公式ページはこちら

求人企業はIT職に特に強く、他にも営業、WEB、金融、メーカー、広告、人材業界の非公開求人も多い総合型転職エージェントです。関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)に特化したサービス展開で、第三者の立場からのアドバイスが貴重な、利用者は年収アップ率の高い転職支援が受けられます。
関東在住の20代ITエンジニアのステップアップ転職にもおすすめです。

③Spring転職エージェント(アデコ

アデコ

Spring転職エージェント(アデコ)の公式ページはこちら

スイス本社の人材グローバル企業で、外資系や海外転職にも強く、日本全国にも拠点があります。「希望者全員と面談する」方針で、転職に迷っている段階の相談にも対応してくれるのではじめて転職でも安心です。正社員だけでなく、派遣や契約など多様な働き方の提案もあるハイブリット型の転職エージェントで、UターンIターン転職にもおすすめです。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの公式ページはこちら

海外にも拠点を持つグローバル企業で、外資系や海外勤務などクローバル転職にも強みのある業界3位の外資系の転職エージェントです。問い合わせには原則24時間以内に対応、非常に丁寧なカウンセリングで今後のキャリアプランの構築が可能です。英文レジュメ添削や英語面接対策などにも無料対応で、利用者は価値の高い転職支援が受けられると評判ですよ。
キャリアやスキルに自信があり、年収が500万程度は確保できている20代後半の上昇志向の強い人材に、特におすすめです。

⑤ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの公式ページはこちら

高年収の非公開求人が揃ったハイキャリア向けの転職エージェントで、一部有料サービスもあります。登録しておくとヘッドハンターから連絡が来るシステム(無料)なので、20代でもキャリアに自信があれば、登録の価値はありますよ。自分の市場価値を把握したい人、年収1,000万円以上を目指す人、ヘッドハンテングを待ちたい人におすすめです。

⑥パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの公式ページはこちら

大手の中でも、特にキャリアコンサルタントが親身に対応してくれると評判の良い転職エージェントです。登録拠点は全国にありますので、転職エージェントの敷居が高いと感じているなら、最初に登録してみると良いでしょう。大手他社のように応募をゴリ押しされるケースは少ないので、転職に迷っているレベルでのファーストコンタクトにおすすめですよ。

DODA

DODA

DODAの公式ページはこちら

インテリジェンス社が運営する20代向けの求人が豊富な業界No.2の総合転職エージェントです。全国各地に登録拠点があり、担当キャリアアドバイザーがパートナーとなって転職活動をしっかりサポートしてくれる、バランスの良い転職サイトです。
職務経歴書の書き方や模擬面接などの実践的アドバイスは非常に評価が高く、第二新卒はじめての転職に特に心強いでしょう。公開求人は直接応募することも可能なので、気になる求人があれば積極的にエントリーしてみることもできますよ。

⑧エンエージェント

エンエージェント

エンエージェントの公式ページはこちら

エン転職などさまざまな転職サイトを運営する、大手人材会社エンジャパン社の転職エージェントです。多くの企業とのコネクションもあり、優良な非公開求人を多数抱えていますが登録者が比較的多くないため、穴場のエージェントといえるでしょう。
カウンセリング面談の前に、性格診断テストを実施して客観的な分析に基づいた「現在の仕事の不満」と「今後の仕事の方向性」についてアドバイスが貰えます。
若手の初めて転職の場合は、特に親身に相談にのって貰えると評判ですよ。

第二新卒で転職したい20代前半におすすめの転職サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの公式ページはこちら

就活で馴染みのあるマイナビグループの知名度の高い総合型転職エージェントです。
多くの優良企業との取引があり、幅広い求人案件で年収アップの可能性も高く、満足度の高いサービス提供が自慢です。親身なカウンセリング対応で、20代前半の若年層や第二新卒向け求人にも評判が良い、全国展開の転職支援サービスです。
IT領域に特化した専属キャリアアドバイザーも在籍しており、若手ITエンジニアの転職にもおすすめですよ。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sの公式ページはこちら

マイナビエージェントと比較すると、特に20代向けに特化した転職エージェントです。
キャリアカウンセリングや適性診断などで、履歴書作成や面接対策など、はじめて転職で不安な若年層に向けた転職サポートが充実しています。
対応地域が「東京・埼玉・神奈川・千葉」の関東エリア、「愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」の関西中京エリアに限られますので、他地方在住の20代ならマイナビエージェントに登録しましょう。

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントの公式ページはこちら

アイデムが運営する若年層の既卒第二新卒の転職支援にも積極的な転職エージェントです。関東・関西の急募案件など多数保有していて、求人案件の紹介数の多さも、マッチ度も高いと評判です。他社エージェントなどで多々ある悪い対応などはしない!とPRしているので、丁寧な転職サービスを受けたい若手人材におすすめです。

第二新卒ナビ

第二新卒ナビ

第二新卒ナビの公式ページはこちら

支援対象の人材ターゲットを、第二新卒に絞った特化型の転職エージェントです。
個別カウンセリングをしっかり2時間実施した後で、求人案件の紹介から、応募書類の作成指導、模擬面接から内定確保まで、徹底的にサポートしてくれます。
比較的若手のカウンセラーが相談に乗ってくれるので、気軽に質問したりしやすいのもおすすめポイントです。就活にも失敗したという人や、よくわからなくて途方に暮れている、不安で心細い人は、まず相談してみてください。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoの公式ページはこちら

フリーターや未経験者OKの転職サイト「ネオキャリア」が運営している、第二新卒向けの転職エージェントです。求人の業種や職種も幅広く、ITエンジニアやWeb系求人も増えています。東京近郊にかぎられますが、セミナーやイベントも頻繁に開催していますので参加してみると良いでしょう。
内定後の入社前対策セミナーでは、社会人経験のない人向けに電話の取り方や名刺の受け渡しなどのビジネスマナーの基本を学ぶことが出来ます。

⑥Re就活

Re就活

Re就活の公式ページはこちら

就活情報の老舗「学情」が運営する、既卒第二新卒など20代若年層向けの求人転職サイトです。将来性などポテンシャル重視で採用する企業の求人が多く、短期離職者や未経験でもハンデにならないのが嬉しいです。中小企業や営業職・IT系職種に偏っている部分は否めませんが、定期的に東京・大阪でイベントや合同企業説明会を開催しています。

既卒・フリーターから正社員就職におすすめの転職サイト

①JAIC

JAIC

JAICの公式ページはこちら

既卒で職歴が無い人、フリーターやバイト経験だけの20代向け転職エージェントです。
無料の就活講座を10日間受講して、ビジネスマナーや飛び込み営業などの経験を積んだ後、約20社の面接を書類選考なしで受けることができ、8割以上の人が内定します。
講座の後半は営業メインなので向かない人も居ますが、前半の社会人としての基礎講座はとてもタメになりますので、ぜひ頑張って学んでください。

②ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブの公式ページはこちら

既卒・未経験者・第二新卒の転職成功率1位、若年層向けに特化した転職エージェントです。未経験歓迎の正社員求人を多々持っており、第二新卒特化型の転職エージェントとしては最大手といえるでしょう。カウンセリングやサポートがしっかりしていて、収入よりも自分にマッチした企業で働きたい若者におすすめです。
東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県の求人に対応し、カウンセリングは渋谷・立川(電話可)で実施しています。

③いい就職.com

いい就職.com

いい就職.comの公式ページはこちら

ニートやフリーター、新卒・第二新卒既卒未就業者・留学帰国者など20代若年層に特化している転職エージェントです。若者と企業のミスマッチをなくすために全国の仕事情報を随時更新しており、特に5〜6月は求人も増える傾向があります。
参加費無料のセミナーも多数開催していますし、いろいろ悩んでいる方は、まずサイトをチェックしてセミナー参加や相談に行ってみると良いでしょう。

④就職Shop

就職Shop

就職Shopの公式ページはこちら

大手リクルートが運営する「未経験から正社員になる」ために特化した若手向け転職エージェントです。自分の経歴に自信が無い人、キャリアが不安な人、職歴が無い人でも、応募書類での選考無しで面接が受けられる企業が多いので、面接でアピールできる人におすすめです。カウンセリングでの個別面談もしっかりしている安心のリクルートブランドですね。

⑤UZUZキャリアセンター

UZUZキャリアセンター

UZUZキャリアセンターの公式ページはこちら

既卒第二新卒向けのベンチャー系就職エージェントサービスで、IT系や理系に強いと評判です。セミナーが充実していて、未経験からでもエンジニアや営業への転職するための最長5週間の専用研修コースを無料で提供しています。
紹介する求人案件も、ブラック企業を除外しているので安心感がありますね。

20代女性におすすめの転職サイト

①WomanWill(マイナビエージェント)

WomanWill

WomanWillの公式ページはこちら

マイナビグループが運営する、女性のため求人案件に特化した転職エージェントです。
個人の価値観や生き方、積んできたキャリアや保有スキル、今後のキャリアプラン、結婚や出産のタイミングなど、悩み多き女性たちのためのカウンセリングとアドバイスが特徴です。マイナビエージェントに登録すると、併用して利用できるので便利ですね。

②女の転職@type

女の転職@type

女の転職@typeの公式ページはこちら

ファッション・アパレル系、コスメ美容系、事務系オフィスワーク、専門職系など、女性向け転職サイトです。全国の正社員・契約社員毎週2回更新しているので、自力で応募したい女性なら要チェックなサイトですね。登録しておくとスカウトメールを受け取れるサービスもあり、併用がおすすめです。

③ビズリーチ・ウーマン

ビズリーチ・ウーマン

ビズリーチ・ウーマンの公式ページはこちら

国内最大級のハイキャリア女性向けの会員制転職サービスで、登録無料ですが一部にプレミアムな有料サービスもあります。管理職をめざす女性や、理想のキャリアを追及する女性向けの有益な情報サービスを提供する「転活サイト」です。
将来の転職活動のために情報収集目的で登録しておく、キャリア志向の女性も少なくありません。上昇志向の強い女性に、特におすすめしたいサイトです。

④リブズキャリア

リブズキャリア

リブズキャリアの公式ページはこちら

20代でも、自分のキャリアに自信のある女性向けの会員制の転職支援サービスです。
レジュメ登録しておくと、あなたのキャリアに興味を持った200社の企業、500人のコンサルタントからスカウトが届くシステムです。
現年収が400万以上で、更にキャリアアップを目指す女性におすすめです。

とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆの公式ページはこちら

女性の転職といえば「とらばーゆ」が代名詞となったくらいに歴史のある、リクルートグループの女性向け転職サイトです。正社員だけでなく、パートやアルバイトなど、全国各地の幅広い大量の求人情報が毎週2回更新されます。
長年の転職ノウハウも豊富で、女性の転職活動には欠かせない必見サイトですね。

エージェントに登録を断られたら使うべき転職サイト

リクナビNEXT

リクナビネクスト

リクナビNEXTの公式ページはこちら

求人数が豊富な定番の総合転職サイトで、幅広い求人を探したい20代なら必見です。
既卒第二新卒・未経験歓迎」の求人数も多々ありますので、ぜひ活用してください。
全国各地の求人案件があり、関東だけでなく地方の求人もあるので便利ですね。

②転職サイト@type

転職サイト@type

転職サイト@typeの公式ページはこちら

100万人が利用している大手転職サイトで20〜30代の若手人材の求人に強く、IT・通信・Webエンジニア系が求人全体の4割近くを占めます。初めて転職、第二新卒、未経験者からの転職にも利用できる、全国展開の求人サイトですが、首都圏に特に強みがあります。
自己PR100選、職務経歴書50選など、転職活動に役立つコンテンツも充実しています。

はたらいく

はたらいく

はたらいくの公式ページはこちら

リクルートが運営する、UターンやIターン転職や、地方で働きたい人向け、地域性トップの地元密着型の転職サイトです。人柄重視で、地元や地域に密着した求人の多い転職サイトなので、地元で就職したい20代におすすめです。

ジョブセンスリンク

ジョブセンスリンク

ジョブセンスリンクの公式ページはこちら

最大10万円の転職祝い金が貰えると評判の転職求人サイトです。
20代向けの正社員求人も多く揃っていて、履歴書、職務経歴書、自己PRの書き方無料サポートもありますので、ぜひ活用したいですね。

キャリコネ転職サービス

キャリコネ

キャリコネの公式ページはこちら

転職には欠かせない企業情報の口コミサービスサイト「キャリコネ」の全国展開の転職サービスです。企業の基本情報だけでなく、実際の年収や評判、面接対策など、働いていた人の口コミ情報も充実しているので、便利ですね。

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職の公式ページはこちら

マイナビグループのメインであり、20~30代の転職には基本の全国版の転職求人サイトです。大手ならではの豊富な求人情報や転職ノウハウが詰まったコンテンツが満載ですので、要チェックですね。

⑦エン転職

エン転職

エン転職の公式ページはこちら

大手人材会社エンジャパン社のメインである転職求人サイトです。
大量の求人情報の中には、20代向けの求人も豊富にありますので活用しましょう。
自力で求人に応募したい人、転職エージェントに登録できなかった人にもおすすめです。

⑧ピタジョブ

ピタジョブ

ピタジョブの公式ページはこちら

最短30秒で簡単に会員登録できる、スマホに特化した転職サイトです。
独自のシステムエンジンで自動的に20代若年層にマッチする求人を提案してくれる、他に類を見ないサービスです。隙間時間に、気軽に登録してチェックできますね。

⑨わかものハローワーク

わかものハローワーク

わかものハローワークの公式ページはこちら

厚生労働省が運営する、若者向けに特化した就職支援・雇用促進サイトです。
転職エージェントと比較すると求人の質は落ちますが、中には地元の優良中小企業の求人があったりしますので要チェックです。
正社員を希望する若者を対象にした職業相談や職業紹介、適職診断や模擬面接会など各種セミナーも実施しています。まだ数は少ないですが、若年層に特化したサービス提供を行っているので、20代ならハローワークよりおすすめですね。

⑩若者就職支援センター(ジョブカフェ

ジョブカフェ

ジョブカフェの公式ページはこちら

経済産業省運営、若者のための能力向上・就業促進のための就職支援サポートセンターです。
中小企業の人材確保のために、人材の欲しい中小企業と働きたい若者とのネットワーク構築を目的としています。そのため全国に拠点がありますが、求人案件は中小企業が中心です。

⑪サポートステーションネット

サポステ

サポステの公式ページはこちら

厚生労働省の委託を受けた若者自立支援中央センターが運営する、若者のための就労支援サポートセンターです。ニートで職歴の無い若者や保護者の相談にのり、PC講座やジョブトレーニング、社会人としての基礎力など、各種の支援プログラムで自立まで総合的にサポートしてくれます。

20代の転職、成功のポイントは?

転職活動の期間はどれくらい?

一般的に、20代転職は平均3ヶ月かかり、応募数は20社程度とされていますが、人によって長引くこともありますし、理想の転職先と巡り合うには、かなりエネルギーを消耗します。なかなか決まらず焦ってしまうと、つい妥協してしまいがちで、前職で頑張っていた方が良かったということもあります。

安易に退職してしまうのはおすすめできませんので、在職のままで自分にとってメリットのある転職先を確保するべきです。

20代の転職では、転職が初めてという人がほとんどでしょう。新卒の就職活動とは異なる点がたくさんありますので、プロの力を借りて転職に挑むことがおすすめです。キャリアアドバイザーに相談しながら、優良な転職先を選ぶこともできますし、ミスマッチを防ぐこともできます。

重要な選択と決断で失敗しないように、無駄な時間と労力を費やさないためにも、転職サイトや転職エージェントを有効に活用しましょう。

20代の転職市場で求められる人

景気回復を受けて企業の4割強が、20代の若年層を積極的に求人しています。社会的経験もあり基礎のビジネスマナーを備えている第二新卒や、若年層ならではの吸収力に期待して、ポテンシャル採用も増えています。

入社意欲の高い人

20代の短期離職率は年々高くなっていて、企業側としてはせっかく採用してもすぐに退職されてしまっては困りますので、「入社したい」という意欲の強い人、つまり「ヤル気の高い人」を選びます。

一緒に働ける人

組織の一員として会社になじめる人、先輩や上司の指導を素直に聞き入れることのできる人が求められます。優秀な人材であっても、あまりに個性が強く突出してしまうようなタイプは、職場でのチームワークが構築できない可能性があるため、敬遠される可能性もあります。

特に20代の転職においては、クセの強いできる人材より、周囲に溶け込める人材のポテンシャルを重視します。

自己分析のできる人

20代の若手採用で期待されるのは、新卒とは違うさまざまな経験を持ちながらも柔軟性のある若手の人材は、受けた指導を素直に消化吸収し、伸びしろが大きいと期待されています。夢と理想だけを抱いて入社する新卒と違い、転職を決意した人は「自分と仕事」に関してしっかり考えた経験があるはずです。

自己分析ができている人は、客観的に自分を見ることができ過去の失敗を反省できて、特に成長が見込めるタイプと評価されます。

20代の転職成功のポイント

20代の転職は、内定の出た会社に焦って飛びつき後悔しないように、精神的にも経済的にも余裕をもてるよう、在職中に転職活動をすすめることが最大のポイントです。

在職中の転職活動は時間的な制約も多いですし、上司や先輩の都合により予定変更が多々あったり、時間コントロールが難しいこともあるでしょう。さまざまな情報収集、企業分析や応募に関する調整など、効率的に行うには転職サイトやエージェントを利用しましょう

例えば、急な予定変更で面接日や時間の調整を、在職中に自分で行うのは難しい面も多々ありますが、担当コンサルタントに変更を依頼することなら比較的容易にできます。書類の精査から模擬面接なども、初めての転職には心強いサポートです。

20代の転職成功には、転職エージェントの有効活用がおすすめです。

まとめ

転職活動は、まず転職サイトをチェックすることからスタートします。
転職サイトにもさまざまなタイプがあり、提供されるサービスやサポートも異なりますので、幾つか併用してみましょう。

転職を迷っている段階なら、転職サイトを中心にして自分の希望する求人の情報を幅広く集めてみましょう。
スカウトサービスのある転職サイトなら、自分のキャリアに興味を持ってくれる企業からのオファーで、自分の価値レベルも分かります。

20代の転職で成功する秘訣は、自分に合った転職エージェントをさがすこと、相性の良いキャリアコンサルタントに巡り合うことです。
まずは複数の転職エージェントに登録して、自分の市場価値を確認し、自分に合うコンサルタントを探しましょう。
求人種類や数も異なりますので、併用して転職活動を行うことがおすすめです。

 

転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速内定!オススメ転職サイトの活用術

広告を非表示にする

女性におすすめの転職サイト18社を正社員向けや20~40代の年齢別に比較

56346202b6c84eacbd39342275770b74_s
女性の転職には、結婚・出産・育児から介護まで多くのライフイベントや家庭の事情など、本当にさまざまな悩みが付き物です。
20代、30代、40代と年代別や職種別、正社員希望など、人それぞれ抱える条件も違えば、希望や優先順位も異なりますよね。
転職サイトにはそれぞれ得意の業界や分野の求人があり、対応世代なども異なります。
働きたい女性のために、おすすめの転職サイトを年齢別に比較してみました。

最速内定!オススメ転職サイトの活用術

タイプ別!女性向け転職サイトの選び方

キャリア志向の女性におすすめの選び方

「年収を上げたい」「キャリアを積みたい」「管理職希望だが、女性が評価されにくい」など、現職での環境に悩みや不満がある場合、年収アップ・キャリア志向の女性は総合型の転職エージェントがおすすめです。転職エージェントとは人材紹介会社のことで、正社員求人の紹介と転職サポートを無料で受けることができます。ハローワークや転職サイトよりも、高レベルで条件のよい、質の高いハイキャリアな求人案件が多いのです。
コンサルタントが間に入ってくれるので、年収交渉もしやすいですよ。

女性の正社員転職に強い転職サイト

スキルに自信が無い20代女性におすすめの選び方

「スキルを身に着けられる仕事につきたい」「出産後も続けられる仕事がしたい」「正社員になりたい」など、スキルに自信が無い人や今後のキャリアに迷っている人は、女性専門の転職エージェントがおすすめです。
担当コンサルタントが、親身に相談にのってくれるのが嬉しいですね。
はじめて転職する人や正社員の職歴が無い人も、派遣やバイト経験だけでも職務経歴書の書き方のアドバイスも受けられます。

20代女性におすすめの転職サイト

仕事をセーブして家庭と両立したい30代女性におすすめの選び方

「育児と仕事を両立したい」「フルタイムの仕事がきつい」などの理由で転職を希望する女性は、女性向けに特化した転職サイトがおすすめです。
派遣やパートなど含め、正社員以外の働き方も視野に入れて幅広い求人情報の中から、自分の中で優先順位をつけて臨機応変に探すべきでしょう。

30代女性におすすめの転職サイト

ブランクから再就職したい40代女性におすすめの選び方

「子供の手が離れたので再就職したい」「離婚してシングルマザーになる」などの理由で再就職希望の人は、女性専門の転職エージェントと転職サイトを併用して活動することをおすすめします。

転職エージェントで、ブランクも含めキャリアの棚卸しをし、まずは現在の自分の市場価値を見極めてみてください。即戦力で十分に活躍できると高く評価される場合もありますし、思いもよらない業界や職種へのキャリアチェンジの可能性もあるでしょう。
ただし、ブランクが長くてスキルが古い、職歴が無くずっと専業主婦だった場合は、転職エージェントで登録を断られる可能性もありますので、転職サイトも活用してみましょう。

40代女性におすすめの転職サイト

女性におすすめの転職サイトランキング18選

女性の正社員転職に強い転職サイト

①リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの公式ページはこちら

転職人材市場において日本では最大手の転職エージェントで、大手企業から外資系企業まで幅広い求人企業と取引があります。
求人数は業界最多、紹介される求人案件も他社とは桁違いに多く、大量に紹介される求人案件の中から応募したい企業を選ぶことができる、転職実績No.1の人材紹介サービス企業です。
拠点も日本各地にあり、全国展開で地方求人にも強みがあります。とにかく「転職するなら、登録すべき」転職エージェントですね。

②type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントの公式ページはこちら

15年を超える転職サポートの実績と信頼から、利用者満足度も高い、老舗の転職エージェントです。
20~30代の若手の転職支援を得意としており、大手有名企業からIT・Web系や急成長中のベンチャー企業まで、独占求人や非公開求人を多く保有しています。長年の付き合いから企業の人事とのパイプが太いのも強みです。受かる応募書類の書き方や面接対策もアドバイス、自分からは言いづらい年収交渉、入社日の交渉もして貰えます。
若手の IT・Webエンジニア・営業・管理系職種を希望する女性なら特におすすめです。
サービス対象地域関東圏に限られますが、平日夜や土曜日の相談も可能です。

③JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの公式ページはこちら

年間5万人が転職サポートの登録をする国内3位の大手転職エージェントです。
30〜40代のハイスペックのハイキャリア人材、高いスキルを持った人材に特化した人材支援を実施しています。外資系企業や日系企業のグローバルポジションに強みがあり、管理職転職や、レアなスキルの専門職など、高年収のハイキャリア向けです。
求人企業を熟知しているキャリアコンサルタントが、あなたの市場価値にマッチするキャリアアップできる転職先を紹介してくれます。
国内主要都市や海外にも拠点を持ち、全国展開しています。

④ビズリーチ・ウーマン

ビズリーチ・ウーマン

ビズリーチ・ウーマンの公式ページはこちら

国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。
管理職をめざす女性向けで、ハイクラスの求人案件に特化し、女性の活躍推進に積極的な企業などの情報を提供してくれます。
理想のキャリアを追求し確立する女性のため「転活サイト」で、自らのキャリアや転職を考える時期から情報収集し、チャンスに備えるための有益なサービスを提供しています。
会員登録は無料ですが、一部はプレミアムな有料サービスもあり、ヘッドハンターがあなたのためのスカウトサービスを提供します。
上昇志向の強い女性なら、将来の転職を見据えて登録しておくべきです。

20代女性におすすめの転職サイト

①WomanWill(マイナビエージェント)

WomanWill

WomanWillの公式ページはこちら

人材ビジネス大手のマイナビエージェントが運営する、女性のために特化した転職エージェントです。
女性には結婚や出産などのライフイベントなど、将来の方向性に悩むことも多々ありますよね。仕事に対する意識や考え方も、人により大きく異なり、優先順位も違ってきます。
キャリアやスキル、ライフスタイルやキャリアプランなど、女性の様々な事情や環境にも考慮しながら、求人案件の紹介提案があります。
各年代の女性たちに沿った、適切なアドバイスとサポートが特徴です。

②女の転職@type

女の転職@type

女の転職@typeの公式ページはこちら

「typeの人材紹介」を運営しているキャリアデザインセンターの女性向け転職サイトです。
アパレル・コスメ、営業職などを中心に、事務職や専門職など幅広く、正社員・契約社員の全国の求人情報を毎週2回更新しています。
登録するとスカウトメールを受け取れるサービスもありますよ。

③リブズキャリア

リブズキャリア

リブズキャリアの公式ページはこちら

年収400万以上のキャリア女性に特化した会員制の転職支援サービスです。
会員になりレジュメ登録しておくと、200社もの上場企業や、優秀な女性・管理職などの求人を探している500人以上のコンサルタントからスカウトが届きます。
まだ創業から数年ですが、上を目指す女性のための転職支援を実施しています。

④Woman Career(DODA)

Woman Career

Woman Careerの公式ページはこちら

全国展開のDODAグループ内にて、「自分らしいキャリア」を真剣に考えたい女性のための転職エージェントです。キャリアアップに意欲的な28才頃の女性が基本コンセプトで、転職のプロである担当キャリアアドバイザーが、5年後・10年後のキャリアについて一緒に考えてくれるのかウリです。
女性の微妙な心理に関するQA「キャリアアップを目指す女性のための転職悩み相談」や、働く女性が知っておきたい妊娠出産育児のための制度に関する情報など、公式サイトの転職成功ガイドは必見ですよ。女性向けイベント『Woman’s Career Meeting』も好評です。

⑤ウーマンキャリア(パソナキャリア)

ウーマンキャリア

ウーマンキャリアの公式ページはこちら

パソナキャリアを母体とした女性向け総合人材支援サービス、女性自身が「自分らしく」働くための転職エージェントです。
16,000社のネットワークからの豊富な求人案件、非公開求人も80%以上、第二新卒やはじめて転職でも安心のキャリア支援が受けられます。
グローバルに活躍したい女性、理系女子の転職サポートにも強みがあります。

⑥RUNWAY

RUNWAY

RUNWAYの公式ページはこちら

掲載されている求人の100%が未経験歓迎求人という、ノンキャリアの女性のための仕事情報サイトです。首都圏を中心に、正社員、契約社員、派遣、アルバイト、レギュラーワークなど、未経験の職種にも挑戦できます。
もちろん経験のあるキャリアに女性の応募もOKですが、未経験でキャリアの無い女性に特化し、結婚や出産でブランクのある女性にもおすすめの転職求人サイトです。

⑦エン転職WOMAN

エン転職WOMAN

エン転職WOMANの公式ページはこちら

日本最大級の求人情報数を誇るエンジャパンが運営する女性向けの転職サイトです。
全国展開で、一般事務系から技術系、専門職まで女性のための求人情報を毎週2回更新しています。WEB履歴書の登録で、スカウトが届くサービスもあります。
公式サイトの『女性の転職Q&A』は、転職を考えるならチェックしておきたいですね。

30代女性におすすめの転職サイト

①とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆの公式ページはこちら

人材業界トップのリクルートグループが運営する、老舗の女性向け転職サイトです。
正社員・契約社員から、パート、アルバイトなど全国各地の幅広い雇用形態の求人情報があり、毎週2回更新しています。女性のライフスタイル&マネー関連のコラムなど、ちょっと気になるコンテンツも充実しています。

②時短エグゼ

時短エグゼ

時短エグゼの公式ページはこちら

既婚女性向け人材サービス・ビーキャリアが運営する、時短勤務でもキャリアを活かして働きたい女性のための転職エージェントです。
管理・企画系、専門職キャリアのある女性が「時短で働く」「キャリアを継続する」を両立するための転職をサポートします。高時給で条件の良いエグゼクティブ求人、在宅、フリーランスなど、時間効率の高い働き方が可能です。

③ウィメンズワーク(エン転職)

ウィメンズワーク

ウィメンズワークの公式ページはこちら

エンジャパンが運営する、女性のための転職情報サイトです。
人気の高い事務職や受付・秘書などオフィスワークを中心に、全国各地の求人情報を毎日更新しています。正社員の求人情報が多く、仕事を続ける女性のためのサイトです。

④マイナビ転職女性のおしごと

マイナビ転職女性のおしごと

マイナビ転職女性のおしごとの公式ページはこちら

人材企業大手のマイナビが運営する女性のための転職サイトです。一般事務・経理・秘書から営業職、医療、アパレル、教育関連まで、全国の幅広い求人を毎週2回更新しています。
「新着求人メール」では、登録した希望条件に合う求人をメールで受け取れます。

40代女性におすすめの転職サイト

①しゅふJOBサーチ

しゅふJOBサーチ

しゅふJOBサーチの公式ページはこちら

主婦層に特化した全国版の求人サイトです。オフィスワーク・飲食・販売・家事代行などのパートやアルバイトの求人が中心で、短期単発の仕事もあります。
地元密着で地方の求人もたくさんあり、扶養枠内で働きたい人におすすめです。

②女の求人マート(エン転職)

女の求人マート

女の求人マートの公式ページはこちら

エンジャパンが運営する、スマホ専用の女性向け求人情報サイトです。
販売や事務職、オペレーターなどの派遣やパートなど、週に3〜4日や、家事・育児などと両立しやすい求人が多いです。
スマホで手軽に、近所の求人を探したい主婦向けサイトです。

③ベティ

ベティ

ベティの公式ページはこちら

IT業界に特化した女性のための転職サイトです。エンジニア、デザイナー、営業、ディレクターなどIT業界で働きたい女性向けの、首都圏を中心にした転職情報を扱っています。
スカウトメール機能もあり、35歳以上も歓迎の求人情報も多数掲載されています。

女性向け転職サイト活用術

転職サイトによって得意な求人が異なる

20代でスキルをつけたい女性向けの求人が多いサイトもあれば、ハイキャリア志向の転職サイトなど、得意な求人は異なります。
専門特化した転職サイト、幅広い求人を扱うサイト、全国展開の大規模な転職サイト、地元密着のローカル求人に強みがあるサイトもありますね。正社員転職が多いサイトもあれば、派遣や契約などの多様な働き方が得意な転職サイトもあります。

自分の希望や状況にマッチする転職サイトを選ぶこと

女性には、ライフイベントや世代、本人の志向によって、人それぞれの希望条件があります。
就職活動や転職活動は、お見合いや婚活と似ていて『出会い』の多さが、それだけチャンスにもつながります。細かい希望や条件などが多い人ほど、出会いのチャンスを増やす必要があり、転職サイトも数多く選ぶ必要がありますね。
特に自分の状況や希望にマッチする転職サイトや転職エージェントを選ぶことによって、いい出会い(自分の希望にマッチする求人)を見つけることができるのです。

転職サイトもエージェントも複数登録した方がいいワケ

サイトによって求人の内容、得意な分野や職種、求人企業のレベルなど大きく異なります。
自力で活動する転職サイトも、プロのサポートがある転職エージェントも、1社だけでなく複数登録して併用した方がチャンスは広がりますよね。
特に転職エージェントの場合は、担当のコンサルタントが転職を大きく左右します。
担当制コンサルタントの場合は相性が合わないと残念なことになるケースも多々ありますから、複数登録がおすすめですよ。

女性の転職市場動向

今や女性の社会進出は右肩上がりで男性と同等にバリバリと働く女性や、結婚、出産を経てから家事と仕事を両立させしっかりと仕事もこなす女性もたくさんいます。また、近年の景気回復傾向を背景に女性の採用を積極的に行う企業も増えており、転職を目指す女性にとって今が転職のチャンスとも言えます。

ただ、20代後半から30代、40代にかけて、女性ならではの様々なターニングポイント(結婚や出産、育児等)に対し、やはり企業側の本音は「家事や育児が仕事のハンデにならないか」という点でしょう。

実際、一般職では若い女性社員の採用が進む中、30代前後からの転職は厳しくなってきているのが現状です。一方、中には雇用形態や年齢に関わらず転職に成功している女性や今までの経験・キャリアを生かし総合職でさらなるキャリアアップに成功している女性もたくさんいます。

女性の転職活動、成功のポイントは?

転職をするのであればまずは事前準備が必要です。特に女性は男性と比較すると、結婚、出産、育児など転職にハンデを抱えるケースが多く、転職をするタイミングにもよりますが、「仕事と家事を両立」が常に重要キーポイントとなってきます。そこで今回は女性が転職で内定を勝ち取るため「成功のポイント」について以下にまとめてみました。

明確なライフプランと客観的な自己分析

転職を成功させるために、まずは現時点での問題点をしっかりと把握して、これから先どのように人生を歩んでいくのかという「ライフプラン」を立てる必要があります。

まず、結婚や出産を経て自分が働いたときをイメージしてみましょう。例えば、結婚や出産を経たブランク後の転職であれば、「給与だけでなく、育児や家事を両立させて働きやすい環境が整っているか」も重要なポイントです。

一方、待遇アップ(給料アップや福利厚生の充実)やキャリアアップを目指した転職を希望しているのであれば「今の職場から転職することで自分の希望が実現されるのか」を冷静かつ客観的に考え、自分自身の強みや弱みについて客観的に自己分析することが大切です。

自己分析で自分の市場価値を把握することで「自分が就職することで企業にどんなメリットを与えられるか」や「どんな企業であれば受け入れてくれるのか」など自分の適性や将来的なキャリアプランをしっかりとイメージしておくことで転職成功率がぐっと高まります。

転職に必要な情報収集

また、自己分析のあとは転職に関する情報収集も欠かせません。必要な情報は下記のような項目です。

  • 希望業務・職種に関する女性の転職市場
  • 女性を積極的に採用している企業
  • 自分の適性にあった企業
  • 育児・家事を両立させ働きやすい環境

情報収集には様々な手段がありますが、偏った情報収集は非常に危険なので、まずは幅広く確実な情報を収集することが重要です。最近では、雑誌や広告などの紙面求人よりも転職サイトや転職エージェントを活用した転職活動が一般的です。

転職サイト・エージェントも様々ですが、女性の転職に強いサイトやエージェントを上手く活用することで転職活動の効率が格段に上がります。

まとめ

女性向け転職サイトは、本当にさまざまあります。世代やライフイベントによって、キャリアの志向やスキルの有無でも、働き方は大きく違ってきます。

複数の転職サイトや転職エージェントに登録して併用活用し、自分の働き方にマッチするサイト、相性の良いサイトを探してみることが良いでしょう。

悩みの多い女性たちが輝ける職場、不満を解消できるような働き甲斐の持てる仕事と出会えることを祈ります。自分の仕事タイプに合った転職サイトで、希望に沿った仕事や職場を、ぜひ見つけてくださいね。

 

転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速内定!オススメ転職サイトの活用術

広告を非表示にする

ITエンジニア向け転職サイト55社を比較!優良企業の求人が多いのは?

824f60d4d3dfa0a09d545ad2f50694be_s
ITエンジニアはブラックな業界というイメージが根強く残っています。職場環境の改善を求めて転職を考えたり、年齢とスキルとのギャップに悩んで転職を考えたりする人も多い業界です。ITエンジニアの転職には、ITエンジニア専門の転職サイトの利用が必須です。
最近では、SNSなどを活用した新しいスタイルのサイトも生まれています。

こちらでは、業界に精通したITエンジニア専用の転職サイトを紹介します。転職サイトを探しているITエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

最速内定!オススメ転職サイトの活用術

ITエンジニア専用の転職サイトの特徴

ITエンジニア専用の転職サイトは、やはり求人数の幅広さと量、充実した専門的なサポートに強みを持っています。総合転職サイトに比べると、細かい職種の分類がされていますし、転職エージェント型のサイトでは、サポートしてくれるキャリアアドバイザーが業界出身者のケースが多いので、的確なアドバイスをもらえるのも特徴です。

タイムリーな情報収集や条件比較のためにも、登録する転職サイトは1つに絞らず、大手2~3社プラス自分のスタイルに合った中小のサイト、といった形の複数登録をおすすめします。

ITエンジニアのおすすめ転職サイト比較

Green

Green

Greenの公式ページはこちら

IT・Web業界に特化した転職サイトの中でも利用者数が多く、急成長中のベンチャー企業など将来性のある求人も数多く扱っています。会社の大きさにこだわらず、チャレンジしたい、スキルアップしたい、というITエンジニアにおすすめの転職サイトです。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターの公式ページはこちら

Webやゲーム業界出身のキャリアアドバイザーが業界を知り尽くしているからこそのサポートをしてくれます。大手人材紹介会社マイナビが運営しているので企業からの信頼度も大きいです。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアの公式ページはこちら

キャリアアドバイザー自らが収集した情報に基づいて、転職サポートをしてくれます。6割以上の人が応募企業の書類審査に合格する実績を持ち、転職成功率が高いのも特徴です。

ワークポート

ワークポート

ワークポートの公式ページはこちら

IT業界に特化した転職エージェントでは業界最大手で、優良な未公開求人が豊富です。関東・関西圏の求人に強みを持っています。eコンシェルという転職ツールを利用できるのも人気のポイントです。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITの公式ページはこちら

営業力に定評があり、優良求人が多いことで知られる転職サイトです。転職成功者の7割近くが年収アップを勝ち取っていて、キャリアアップを目的にしている人におすすめです。

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントの公式ページはこちら

関東圏を中心に大手企業からベンチャーまで、幅広い業態のIT求人を扱っています。求人紹介は量より質というスタイルで年収アップ率も約7割と高く、高いマッチング力にも定評があります。

Tech Stars Agent

IT・Webエンジニアに精通したキャリアアドバイザーが在籍し、的確なアドバイスで事前にミスマッチを防いでくれます。自分の市場価値や企業の内情など、レアな情報収集にも役立ちます。

TECHSTARS(テクスタ)

テクスタ

テクスタの公式ページはこちら

独自基準を通過した企業からの求人のみを扱っているので、質の高い求人が揃っている転職マッチングサービスで、Facebookで簡単に無料登録できます。Webサイトもシンプルで使いやすく、気軽に検索できるのでちょっとしたスキマ時間にも利用できます。

GEEKLY

GEEKLY

GEEKLYの公式ページはこちら

Web・ソーシャルゲーム業界に特化した転職サイトで、独自求人など非公開求人が充実している特徴があります。長年培ってきた経験を活かしたマッチング技術にこだわっています。

リツアンSTC

社会保険や時間外手当100%支給など、転職するときに必ず気になるポイントを抑えて求人を扱っている転職サイトです。業界トップクラスの給与水準と昇給が可能な求人が多く、信頼度の高いサイトです。

アールストーン(R-Stone)

Web・ゲーム業界に特化した人材紹介会社で、年収アップにつながる案件を多数持っています。IT業界出身者をはじめとしたプロのコンサルタントが自分自身の市場価値を高めてくれます。

fork well jobs

エンジニアの目線で作られた、エンジニアが使いやすい転職サイトです。経歴を登録しておけば、企業へ招待されたり精度の高いおすすめ求人が提案されたりします。

テクノプロキャリア

テクノプロキャリア

テクノプロキャリアの公式ページはこちら

上場企業や大手企業の求人が多く、非公開求人に強みを持つ転職サイトです。ベンチャーから大手への転職を考えている人におすすめです。

マイナビ転職エンジニア

求人紹介大手のマイナビがITエンジニアに特化した転職サイトです。マイナビと企業とのつながりから、他にはない案件を多数保有しています。

DODAエンジニアIT

IT業界向けの転職成功ガイドが充実している転職サイトです。人気の高い、社内SEの求人も充実しています。

転職サイト@type

転職サイト@type

転職サイト@typeの公式ページはこちら

エンジニア求人に強い転職サイトです。適正年収診断など、ユニークなツールも充実しています。豊富な情報量で、情報収集にもおすすめです。

paiza

自分のプログラミングレベルを把握できるツールが利用できる転職サイトです。腕試しにも自己PRにも使えるので、スキルに自信がある人におすすめです。

FAbank

お祝い金あり求人が多数掲載されている転職サイトです。ITエンジニア職の求人を多く扱っています。

Ruby転職ナビ

近年、注目度が高まっているRuby分野の求人に特化した転職サイトです。今後、将来性が見込まれる分野で、スキルアップをしたい人にもおすすめです。

Find Job!

Find Job!

Find Job!の公式ページはこちら

履歴書の書き方や職務経歴書の添削サポートも行ってくれる転職サイトです。正社員や派遣のほか、在宅ワークやSOHOといった働き方も選択肢にあり、幅広いニーズに応えてくれます。

フォスターキャリア

スカウトを受けたり、適性検査を受けたり、求人検索以外にも活用できる転職サイトです。非公開求人にも力を入れています。

Linux転職ナビ

Linux分野に特化した転職サイトで、Linuxに関心がある人はぜひ登録しておきたいサイトです。Linuxのスキルを持つ人、これから習得したい人、どちらにもおすすめです。

Poole

オフィス訪問など、実際に働いている人や現場をたくさん紹介しているサイトは、雑誌を見ているような感覚で、情報収集にも役立ちます。ITエンジニアだけに限らず、IT業界に携わるあらゆる職種を扱っています

日経キャリアNET

日経キャリアNET

日経キャリアNETの公式ページはこちら

IT・エンジニアに特化した転職サイトで、日経ブランドを活かした優良求人が揃っています。詳しい条件設定ができるので、ピンポイントで探している求人に出会えます。

パソナテック

パソナテック

パソナテックの公式ページはこちら

ライフスタイルに合わせて様々な働き方の求人を紹介してくれる転職サイトです。IT業界はもちろん、外資系企業や一般企業などでのITエンジニアの求人も扱っています。

メイテックネクスト

メイテックネクスト

メイテックネクストの公式ページはこちら

平日の20時以降や土日祝日のコンサルティングにも対応してくれるので、在職中でも利用しやすい転職サイトです。規模の大小を問わず良質な求人を発掘しているほか、独占求人も多く、おすすめです。

テクナビ

ものづくりに関するエンジニア全般の求人で、正社員の求人のみを扱っている求人サイトです。求人は全国対応しているので、Uターン・Iターン転職にも役立ちます。

IT転職ナビ

IT転職ナビ

IT転職ナビの公式ページはこちら

日本最大級のIT・Web業界専門転職サイトで、ワークポートが運営しています。掲載求人数は約24,000件と多く、合格可能性診断や年収査定を受けることもできます。

CINRA.JOB

ITやWebをはじめとしたクリエイティブ職に特化した転職サイトです。求人数は多くありませんが、厳選した求人を掲載していて、全国に対応しています。

A-STARダイレクト

IT業界で10年以上の実績を持つ、実力派の転職エージェントです。独自求人が豊富で、スキルやキャリアだけでなく商品名やアプリ名など様々な角度からアプローチできます。

キュリア転職

Yahoo!のグループ会社が運営する転職サイトです。求人情報には、勤続年数や離職率、残業時間と言った、入社前に知っておきたい情報が充実しています。

FUJICO

エンジニア求人に特化した転職サイトです。業種は幅広く、培ってきたIT技術を新たな場所で活かしたい人におすすめです。

リーベル

ITコンサルティングファーム、ソフトウェアベンダーなど他にはあまりないIT業界の転職実績を持つエージェントです。大手企業の求人が充実しているので、年収アップ率も高いのが特徴です。

エリートネットワーク

正社員専門の人材紹介会社で、参考になる転職体験談が数多く掲載されています。必ず面談をした上で転職サポートを進めてくれ、人と人とのつながりを大切にしています。

アイネクスト

全国に対応している求人は約2,300件で、プラス独自の非公開求人もあります。ベンチャーから大手企業まで幅広く扱っているので、キャリアに応じた転職サポートを受けられます。

イマジカデジタルスケープ

Web・ゲーム・ソーシャルを中心としたWeb・映像業界に特化した転職サイトです。サイト経由で転職するとお祝い金10万円が受け取れるサービスが好評です。

ベティ

ベティ

ベティの公式ページはこちら

IT業界で働く女性のための転職サイトです。関東で女性を積極的に採用している企業を紹介している他、転職お祝い金10万円がもらえる制度もあり、女性ITエンジニアならぜひ利用をおすすめします。

Midworks

フリーランスのITエンジニアとして働きたい、と考えている人向けのサイトです。独立するのに不可欠な税金や保険といった事前準備情報や案件の紹介までサポートしてくれるので、選択肢の一つとして活用するのもアリです。

ITエンジニア専用の転職サイトの評判

ITエンジニア専用の転職サイトは、SNSなども利用して利用者とコミュニケーションをとるケースも増えています。実際に利用した人からの口コミも、サイトだけでなくSNSでも知ることができ、何のフィルターも通していない、よりリアルな声が聞こえてきます。

CARRER HACK

IT・Web業界で働く人がキャリアを考える際にも役立つメディアです。現場で働く人の生の声やキャリアに対する考え方など、読み応えがあります。

転職会議

実際に働く人のリアルな言葉が紹介されている企業の口コミ・評判サイトです。IT・Web業界での認知度が高く、口コミが多い業界でもあるので応募前の参考にするのもおすすめです。

ITエンジニアが転職サイトを選ぶポイント

ITエンジニアは、スキル次第でいろいろな分野へのチャレンジができます。自前のスキルを生かしてキャリアアップを狙うならハイクラス求人の多い転職サイトを活用するのがおすすめです。一方で、若手のITエンジニアやスキルに自信がないエンジニアは、「スキル不問」「未経験者歓迎」といった求人が多い転職サイトを利用するのがおすすめです。

また、収入や勤務時間など、ある程度安定したものを求めて、企業内のITエンジニアを志望する人も多くなっています。求人の絶対数は少ないですが、人気の高い就業先で競争率も高くなっています。

ハイクラス求人が多いおすすめの転職サイト

DODA

DODA

DODAの公式ページはこちら

日本最大級のスケールを誇る転職エージェントです。非公開求人も多いので、給与水準が高いハイクラス求人も充実しています。情報収集のためにも登録しておきたいサイトです。

ムービン

ムービン

ムービンの公式ページはこちら

ITコンサルやITマネジメントなどの転職に強みを持っています。キャリアコンサルタント日本一に選出されるなど、実力派のエージェントです。

アイアム

アイアム

アイアムの公式ページはこちら

上場企業とのパイプが太く、一般の転職サイトにはあまり掲載されていないような優良求人に出会えます。30歳以上で高いスキルを持つITエンジニアにおすすめです。

i-Prowork

インテリジェンスが運営する求人紹介サイトで、IT業界でハイクラスのフリーランス向けとなっています。フリーランスでは獲りにくい質の高い個別案件が揃っています。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーの公式ページはこちら

年収750万円以上の人を対象としたハイクラス求人を扱う転職エージェントで、リクルートが母体です。ヘッドハンターによる求人もあり、ハイクラスの求人を求めるならぜひ登録しておきたいサイトです。

ISSコンサルティング

ISSコンサルティング

ISSコンサルティングの公式ページはこちら

外資系IT企業とのパイプが太く、グローバルに知られているIT企業への転職に強みを持っています。求人数は多くありませんが、全国対応しているのでスキルに自信がある人におすすめです。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの公式ページはこちら

外資系やグローバル企業に強い転職エージェントです。年収800万以上の案件も多数あり、コンサルティング力も高いです。ITエンジニアとしてのスキルに自信がある人はぜひ登録をおすすめします。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントの公式ページはこちら

グローバル展開するアデコが手がける人材サービスの転職エージェントです。企業と求職者の双方を同じコンサルタントが担当するので、マッチング力が高く採用率も高いと評判です。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの公式ページはこちら

年収500万円以上の人を対象とした会員制のハイクラス求人向け転職エージェントです。IT・Web業界に多くの求人を持ち、ITコンサルタントといった専門職の求人もあります。

これからキャリアを積みたいITエンジニアにおすすめの転職サイト

エンジニアファクトリー

一人ひとりのコンサルタントにじっくり時間を掛けてくれる転職サイトです。コンサルタントの中で適切な転職時期のアドバイスやフリーランスの提案など、転職ありきではないアドバイスをしてくれます。キャリアプランに悩んでいる人にもおすすめです。

エン転職

エン転職

エン転職の公式ページはこちら

総合型転職サイトですが、IT業界に力を入れていて、扱うIT求人の約8割が独自求人となっています。事前に内容を確認できる面接サポートにも力を入れています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの公式ページはこちら

総合型転職エージェントです。ITエンジニアの求人も多数取り扱っています。未経験者や経験が浅い人も応募できる求人が多いので、これからキャリアを積みたい若手にもおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTの公式ページはこちら

リクルートのネットワークを持つ転職サイトで、IT求人にも強いです。エージェント機能はありませんが、転職に役立つ体験談やコラムが充実しているので情報収集にもおすすめです。

ヒューマンタッチ

求人紹介はもとより、人材育成にも力を入れている転職サイトです。研修制度が充実していて、経験の浅いエンジニアや未経験者にもおすすめです。

SNSを利用した転職サイト

SWITCH.

SWITCH.

SWITCH.の公式ページはこちら

Facebook上で展開している転職支援サービスです。Facebookから自分のアカウントを登録しておけば、企業からのスカウトが届くシステムです。転職につながれば、Amazonギフト券1万円がもらえるのも嬉しい制度です。

WANTEDLY

WANTEDLY

WANTEDLYの公式ページはこちら

ソーシャルリクルーティングサービスとして、ユニークなスタイルの転職サイトです。SNSの仕事仲間のつながりを活用して求人を探し、スカウトを受けたりそのままエントリーしたりできる気軽に利用できます。

TalentBase

ビッグデータと人工知能を活用した新しい転職サービスです。SNSなどのつながりから能力や志向性を解析したり、その結果をもとに企業からのオファーを受けたり似た志向性を持つユーザーとの繋がりができたり、様々な可能性を模索してくれます。

まとめ

IT業界には「プログラマ35歳定年説」という言葉があります。IT業界では、目まぐるしく技術が進化するためそれについていく努力と体力が必要になります。体力勝負のプログラマは、35歳をすぎる頃になると営業や管理職などへの配置転換を促されることも多く、ITエンジニアやSEとして将来成功を収めたいなら、若いうちから着実にキャリアを積んでいく必要があります。キャリアアップを図ったり、自分の仕事の幅を広げたり、環境を変えながらステップアップするためには、ITエンジニア専用の転職サイトを利用するのが近道です。

信頼できる転職サイト、キャリアコンサルタントを活用して、納得のいく転職を成功させてください。

 

転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速内定!オススメ転職サイトの活用術

広告を非表示にする

外資系や海外グローバル求人に強いおすすめ転職サイト・エージェント42社を比較

「外資系企業で働きたい」「海外で活躍したい」「将来は海外で起業したい」などなど、
外資系や海外グローバルな転職を目指す人も少なくありません。
外資や海外転職は、通常の求人よりも情報が少なく、掲載される求人案件も限られています。
外資系転職やグローバル転職に強い転職サイト・転職エージェントとは?
日本国内での転職とはどう違うのでしょうか?
雇用契約は? いろいろと気になる点もありますよね。
外資系や海外グローバル求人でおすすめ転職サイト・転職エージェントについて、情報をまとめました。

最速内定!オススメ転職サイトの活用術

外資系・海外求人に強い転職サイトの選び方

外資に転職するならエージェントの利用が必須な理由

転職エージェントには質の高い外資系企業の求人案件に豊富

転職エージェントの求人は、非公開求人がほとんどで大手企業の優良案件が多いのが特徴ですが、外資系企業に関しても同じです。
外資系企業での人材確保はコネクションでの紹介か、転職エージェント経由のみ、と断言して良いかもしれませんね。

以前は外資系では英字新聞への求人広告というルートもありましたが、今では転職エージェントで希望スペックの人材を選抜して紹介してもらう企業がほとんどです。
転職サイトよりも、転職エージェントには質の高い外資系求人海外グローバル転職の求人案件を多数保有しています。

外資系で必要とされる英語力や語学力は?

大手の外資系企業など優良な求人案件の場合は、まず転職エージェントで事前のスクリーニングをかけています。一次審査のようなイメージですね。
例えば、必要なスペックとして「どのくらいの英語力が求められているか」など、自分の英語力で通用するかの不安なケースもあるでしょう。
キャリアコンサルタントが英語力などを事前にジャッジしてから、紹介推薦するケースもあります。英語だけでなく多言語の語学力の必要性などについても、事前に情報が得られるのも有難いですね。

外資系企業への応募書類やインタビューのサポート

外資系企業への応募に関しては、英文レジュメの提出や英語インタビューを求められるケースも多く、一般の日本国内企業への転職とはいろいろと異なります。
英文レジュメのチェックや作成アドバイス、英語でのインタビューの模擬練習など、外資系転職に強い転職エージェントにサポートして貰えると、本当に心強いですね。
外資系企業への転職を目指すなら、外資系企業の選考や面接には転職エージェントのサポートは必須です。

海外転職では情報収集のために転職エージェントを活用

海外転職の活動の場合は、日本国内の外資系転職よりも細かい情報収集がより重要です。
特に、海外転職では雇用契約などのトラブルも少なくありませんし、移住関係や就業に関する厄介な手続きも多々あります。
企業の情報だけでなく、現地での生活水準や物価、生活するために治安のいい地域の情報、渡航や就業ビザ取得、現地の医療保険の制度、各種の必要書類の作成など、手間のかかる煩雑な手続きが満載です。
情報収集のためにも、雇用契約の確認のためにも、転職エージェントを有効に活用することがおすすめです。

海外転職ではトラブル回避のために?

海外転職では英文の雇用契約書の詳細なチェックが、非常に重要です。
小さな文字でビッシリと書かれた契約書の中には、実は自分とって不利益な内容が含まれているケースも多々あります。
例えば、高額な年俸であっても、契約期間が限られていて離職後の同業への就業が禁止されている条項が含まれていると、同業他社へ転職したら訴訟となり多額なペナルティを課せられてしまうケースもあるのです。
日本へ戻っても同業他社への転職ができなければ、自身の積み上げたキャリアの活用ができず、キャリアプランは頓挫してしまいますね。
一時の高額年俸と引き換えに将来的なキャリアパスを失ってしまうような事態は、絶対に避けたいものです。

信頼できる転職エージェントを活用しましょう

職務内容の範囲や契約条項に関し日本国内とは文化が異なる事を自覚して、すみずみまでチェックする必要がありますし、必要に応じて削除や修正を交渉する必要もあります。
日本からメジャーリーグへ移籍するプロ野球選手が、代理人として専門エージェントを利用して細かい契約を交渉してもらうのと同じイメージですね。
餅は餅屋と言いますし、契約書や交渉はプロに依頼するのがおすすめです。
海外ビジネスの雇用契約にはレベルの高い交渉力が求められますので、信頼できる転職エージェントを必ず使ってください。

大手と外資系特化型の併用がおすすめ

大手の転職エージェントに登録

外資系や海外転職を目指すなら、まず大手の転職エージェントに登録しましょう。
大手転職エージェントには求人案件の絶対数が多く、外資系や海外勤務の求人も豊富です。
外資系や海外向けの専門部署があり、業界出身のキャリアコンサルタントなどが数多く在籍しているのも心強いですし、なにより大手ならではの安心感があります。
外資系企業側も緊急の求人案件や重要なポジションなど、登録者の多い大手の転職エージェントに優先的に依頼しているため、独占的な求人案件も保有しています。
大手の総合転職エージェントに2〜3社登録して、相談してみましょう。

外資系特化型の転職エージェントも併用

外資系に特化した転職エージェントは、総求人数は少ないですが、クライアント企業と大手にはない太いパイプをもっている場合があります。
日本拠点の外資系企業、海外拠点のグローバル企業など、独自ルートでのレアな求人案件を保有している外資系特化型の転職エージェントもあります。
大手総合型転職エージェントと、外資系特化型転職エージェントを併用して、情報収集するのがおすすめです。

外資コンサル・金融はハイキャリア向け転職サイトが使える

日本に進出している外資系企業は5,000社近く存在していますが、ビジネス戦略上の理由で求人案件は非公開のケースがほとんどです。
特に外資系コンサルティングファームや金融系などのハイスペックな求人案件は、コネクション採用が多いですし、ヘッドハンティングのような形式でスカウトされるため一般の転職サイトには、まず求人は出てきません。
年収1000万以上のハイキャリア向けの転職サイトや転職エージェントに集中しています。
外資系コンサルや金融系のハイスペック人材が求められる、高年収のグローバル求人が豊富なのは、ハイキャリア向けの転職サイトや転職エージェントです。

海外勤務の求人は日系グローバル企業もチェック

海外転職、現地採用向けの転職サイトもある

海外転職では、海外求人に特化したサイトもあり、働きたい地域やエリアを絞って転職活動ができますが、求人の質は微妙です。
どうしても働きたい国や地域がある場合は、その地域に強い転職サイト、現地のエージェントを利用して活動することもできます。
高条件とは限りませんが、技術エンジニアや美容師、エステシシャン、パティシエなどの現地で必要とされる経験を活かして、憧れの地へ移住も可能です。飲食店スタッフやサービス業など敷居の低い海外転職も可能ですが、雇用契約などには十分に注意してください。
夢と引き換えにハイリスクな転職となる場合も有りますので、慎重に情報収集しましょう。

日系グローバル企業の海外駐在員を狙う

日本の大企業もグローバルな海外展開をしていますので、日系グローバル企業に転職して海外支社や現地法人に出向になる海外勤務パターンを狙う方法もあります。
基本的に日本企業の給与条件や保障があるので安心ですし、現地の生活水準によってはかなりレベルの高い暮らし方ができたりもしますよ。
現地採用の場合は契約期間が設定されていることが多く、帰国後の日本での身分は保証されませんが、日本企業に転職して海外勤務・海外駐在なら帰国後も働き続けられます。
大手転職エージェントに登録して、日系グローバル企業の駐在員として海外勤務を狙うのがおすすめですね。

外資系・海外転職におすすめの転職サイト比較

外資系転職に強い大手の転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの公式ページはこちら

国内での人材業界最大手なので、とにかく求人案件の数が圧倒的に多い転職エージェントです。登録者数も多いので外資系企業からの求人も集まりますし、求人の母数が多いので海外求人も数も他社エージェントと比較しても格段に豊富です。
外資系のハイレベルな求人だけでなく、グローバル展開中の日系企業の駐在員候補、若手向けのチャレンジング海外転職の案件もあります。語学力をあまり気にしなくても良い外資系の求人案件も多々あります。
なによりリクルートブランドの信頼感・安心感は大きいですね。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの公式ページはこちら

ハイスペックな外資系・海外転職に強いイギリス系の転職エージェントです。
海外8拠点で、イギリス・シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシア・中国・香港・韓国に強みがあります。
海外転職セミナーを頻繁に開催し、エントリーシートや英文レジュメの添削や英語面接対策などのサポートもあります。英語インタビューのネイティブチェックなど、外資系企業への転職サポートには定評があり、おすすめです。

Spring転職エージェント(アデコ)

アデコ

Spring転職エージェント(アデコ)の公式ページはこちら

人材会社で世界トップのスイスに本社を置くグローバルな転職エージェントです。
日本では派遣のイメージが強いですが、世界中に5000以上の拠点があり、世界規模での求人案件数は圧倒的です。国内160拠点で展開しているため、地方の外資系企業の求人も充実しているのが特徴ですね。
外資系転職に強い専門のコンサルタントによるサポートや、派遣スタッフからフィードバックされる企業内部情報の豊富さも圧巻ですよ。
外資系や海外で働く夢を叶えたいなら、登録してみる価値はあります。

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントの公式ページはこちら

関東圏の求人案件がメインで、1都3県をサポートとされていますが、実は海外求人も保有している転職エージェントです。特に25~35歳くらいの若手社会人の外資系への転職、海外転職に力を入れていて、海外転職の穴場的な存在ともいわれています。
親身で丁寧なカウンセリング対応に定評がありますので、はじめての外資系・海外転職なら一度キャリア相談をしてみると良いでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの公式ページはこちら

外資系企業の求人案件や、海外転職の案件も幅広い国や地域で取り扱っている転職エージェントです。「語学力を活かせる」「海外勤務・出張アリ」「外資系企業」などの若手向け求人案件も豊富です。
外資系、海外転職の非公開求人もたくさんありますので、まず相談してみましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの公式ページはこちら

派遣で有名ですが、世界中に拠点が点在しているため、世界で活躍するための転職エージェントとしても活用することができます。
東京や大阪では、定期的に海外勤務を目指す方のためのイベントやセミナーが開催されています。海外就業や語学力を活かした仕事を探している人は、一度セミナーに参加してみるとイメージもわいて、とても参考になりますよ。
台湾・シンガポール・香港・アメリカ・インド・カナダ・韓国・ベトナム・インドネシア・タイ・中国・マレーシアなどに強みがあります。

DODA

DODA

DODAの公式ページはこちら

最大手の求人数よりは少ないですが、東欧や中東、アフリカなどの途上国・マイナーな国の海外勤務案件が多い転職エージェントです。
キャリアカウンセリングで、使用言語や勤務地、業種・職種などの希望に応じて海外勤務・外資系企業の求人案件を紹介してくれます。複数のエージェントを併用する場合は、大手エージェントのサブ的に利用するのがおすすめです。

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドの公式ページはこちら

世界35ヶ国に拠点があり人材紹介ビジネスを展開している外資系転職エージェントです。
日本でも25年以上も事業展開しており、外資系企業やグローバル進出中の日経企業の求人案件、IT・通信系、アパレル、クリエイティブ系に強みがあります。
キャリアコンサルタントも一流揃いと評判が高く、ハイクラス転職には特におすすめの転職エージェントです。

ハイキャリア専門の転職サイト・エージェント

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーの公式ページはこちら

リクルートグループが運営するハイキャリア転職に特化した、エグゼクティブ向けの転職サービスです。匿名レジュメを見たヘッドハンターからのスカウトが届くサービスで、高条件の外資系や海外転職の求人案件へのオファーもあります。
会員登録すると非公開求人の情報も閲覧可能になりますので、情報収集にも活用できます。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの公式ページはこちら

ハイキャリアでハイスペック人材に特化した、会員制の人材サービスです。
敏腕ヘッドハンター経由で管理職やマネジメント層、専門職などハイクラスな求人のオファーが届きます。プレミアムな有料サービスでは、ヘッドハンターがあなたのために好条件の転職先を発掘し、売り込んでくれることもあります。
年収2000万以上の外資系エグゼクティブ案件もあり、じっくりと条件の良い転職をしたい人に特におすすめです。
海外勤務では、財務や生産管理、品質管理部門の責任者、技術職、スペシャリスト、海外事業責任者候補、現地工場長、海外営業事業部長、CEOポジションなど、さまざまです。

クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーの公式ページはこちら

IT系やコンサルティング業界に特化した人材紹介・ヘッドハンティングを行う転職エージェントです。
30代ハイスペック人材を中心として、40代エグゼクティブ層などの更なるキャリアステージを紹介します。外資系コンサル、ITコンサルにも強みがあります。

コンコード

コンコード

コンコードの公式ページはこちら

外資系コンサルファーム、金融系、IT系プロフェッショナル転職などに強みのある転職エージェントです。
テーマ別にキャリアサイトを運営しているので、「コンサル転職」「IT&Web転職」「メディカル転職」「ワークライフバランス転職」からキャリア相談ができます。
親身に何度も面談を行い、徹底的した面接対策が評判も高いです。

イーストウエストコンサルティング

イーストウエストコンサルティング

イーストウエストコンサルティングの公式ページはこちら

日本で最大級のエグゼクティブ向けサーチ会社、転職サイトです。
IT・エレクトロニクス・金融・広告・自動車。製薬・化学・消費財などのグローバル企業からベンチャー企業まで、幅広い業界に人材紹介を実施しています。ネイティブレベルの英語力が必要な案件では、担当コンサルタントにダイレクトな連絡も可能です。
関西エリアのエグゼクティブ人材にも有効なヘッドハンディング型転職エージェントです。

ムービン

ムービン

ムービンの公式ページはこちら

コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。
キャリアコンサルタントには、元戦略ファーム出身者が多くコネクションからの優良案件も多数抱えています。コンサル業界を戦略系、IT系、シンクタンク系、総合系、組織人事系、医療系などに細分化し、主要ファーム別に専任のコンサルタントが担当します。
丁寧なサポートもあり、外資系金融やコンサルへのハイクラス転職なら間違いありません。

アンテロープ

アンテロープ

アンテロープの公式ページはこちら

外資系の金融業界、コンサル業界を得意とする転職エージェントです。
常に主要な外資系コンサルティングファームの案件を幾つか抱えており、外資系投資銀行やM&Aアドバイザリーファームなど、経営戦略、事業戦略、企業再生、M&A、財務に特に強みがあります。ハイキャリア人材向けのハイクラスの求人案件ばかりが揃っています。

コトラ

コトラ

コトラの公式ページはこちら

金融・コンサル・経営層に特化した転職エージェントです。キャリアコンサルタントは全員が業界出身者なので、非常に高い専門性があり中長期的サポートが期待できます。
求人検索では「グローバル」「外資系」などのキーワードで絞り込みも可能なので、気になる求人があれば、まずは相談してみると良いでしょう。

外資系転職に特化した転職サイト・エージェント

外資転職.com

外資転職.com

外資転職.comの公式ページはこちら

JACリクルートメントの外資系に特化した転職サイトです。
日本国内の外資系企業の求人案件や英語力不要の求人もあり、JACリクルートメントよりグローバル色やハイキャリア志向は少し薄めで、間口の幅は広めになっています。
とにかく外資系に勤務したい人におすすめです。
年収600万円以上の人材をメインとしているので、さほど高い敷居というレベルではありませんね。若手人材にもおすすめです。

英語転職.com

英語転職.com

英語転職.comの公式ページはこちら

JACリクルートメントの英語力を活かせる転職に特化した転職サイトです。
大手グローバル企業からベンチャー企業まで、ハイキャリアなミドル層のマネジメントクラスやスペシャリストからシニア層エグゼクティブクラスまで、英語力を重視した幅広い求人を保有しています。海外留学経験のある人、帰国子女など、ネイティブな英語力のある人だけでなく、とにかく英語を活用して働きたいという人におすすめです。

アージスジャパン

アージスジャパン

アージスジャパンの公式ページはこちら

20年の歴史を持つ外資系企業・国内グローバル企業に特化した転職エージェントです。
東京・大阪とシンガポールに拠点があり、日系グローバル企業とアジアのグローバル企業に特に強みがあります。日系企業のアジア進出案件も得意です。
外資系転職を目指す20代若手人材から、ハイスペックなスペシャリスト人材、管理職・経営層などハイキャリア人材まで、幅広い人材に海外転職をサポートします。

ヘイズ

ヘイズ

ヘイズの公式ページはこちら

グローバル人材・バイリンガル人材向けの外資系企業に特化した転職エージェントで、メディカル系・製薬業界に特に強みがあります。MR、品質保証、工場長、バックオフィスから中間管理職・経営幹部まで、多様な職種での求人案件があるのも特徴です。
ファイザー、ノバルティスファーマ、グラクソスミスクラインなど、製薬業界の専門部隊があり求人案件はかなり豊富です。東京・横浜・大阪の3拠点に、日本オフィスがあります。

ISSコンサルティング

ISSコンサルティング

ISSコンサルティングの公式ページはこちら

外資系企業を専門とする転職エージェントです。
自動車や機械・化学といったメーカー系の求人案件に強みがあり、日本GE、ボッシュ、BASF、ABB、シーメンスなど、名だたる世界TOP企業をクライアントにしています。
海外の大手グローバル企業の日本進出案件なども多数取り扱っていますよ。

マイケルペイジ

マイケルペイジ

マイケルペイジの公式ページはこちら

一流の外資系企業の求人情報を3000件以上保有する、外資系に特化した転職エージェントです。契約社員、紹介予定派遣社員、派遣社員の求人も取扱っています。
医療ヘルスケア、IT通信系、金融、マーケティング、小売、人事財務・経理法務、営業、秘書・事務系など、職種も幅広いです。

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズの公式ページはこちら

外資系・日系グローバル企業への転職に特化した転職エージェントです。
世界24ヶ国、53の主要都市にオフィスを構えて、外資系企業に強いパイプを持ち、海外での知名度は高いため、ハイキャリア求人の案件が多く存在します。
ハイスペックのバイリンガル人材を、経験豊富なコンサルタントがチーム体制で徹底的にサポートしてくれます。

アズール&カンパニー

アズール&カンパニー

アズール&カンパニーの公式ページはこちら

求人案件の80%が外資系企業という転職エージェントです。
ラグジュアリーな高級消費財や日用消費財、スポーツ・エンタメ系などの業界とのコネクションも強く、マンツーマンで徹底的なコンサルティングを実施します。
P&G、日本ロレアル、ユニリーバ、LVMH、マースジャパンなどが、クライアント企業として名を連ねていますよ。

キャリアクロス

キャリアクロス

キャリアクロスの公式ページはこちら

全国展開で、英語を活かせる仕事、外資系・グローバル企業に特化した転職サイトです。
シンガポール、中国、香港などアジア地域、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの求人もあり、スカウトメール機能もあります。英文レジュメや英語面接対策マニュアルなどコンテンツも充実しているので、参考になりますよ。

エンワールド

エンワールド

エンワールドの公式ページはこちら

東京・横浜・名古屋・大阪、アジア7ヶ国に拠点を持ち、外資系・グローバル企業に特化した転職エージェントです。
IT系の外資系企業、経理・財務、金融、人事・総務、ファッション&ラグジュアリーなどの業界にて、管理職や経営マネジメント層、スペシャリストに強みがあります。

Daijob.com

Daijob.com

Daijob.comの公式ページはこちら

1998年に誕生した日本初のバイリンガル専門の外資系転職サイトです。
国際的視野を持つインターナショナルな人材のために、常時10000件以上の求人情報が掲載されていて、国内・海外・職種・言語から絞り込んで求人情報を探すことができます。
スカウトサービスもあり、グローバル転職を目指す人のためのイベントやコラムなど、情報コンテンツも充実しています。

スキルハウス

スキルハウス

スキルハウスの公式ページはこちら

IT系に特化した短期・長期の人材派遣や人材紹介サービスを実施する外資系人材紹介サービスです。有名IT企業を中心に上場企業や大手優良企業・外資系企業など、非公開の求人案件を幅広く保有しています。バイリンガルなITプロフェッショナルにおすすめです。

ドルチェインターナショナル

ドルチェインターナショナル

ドルチェインターナショナルの公式ページはこちら

40〜50代のエグゼクティブ人材向けの外資系に特化した転職エージェントです。
専門性の高いコンサルタントが専任担当し、あらゆる相談にのってくれます。
コンサルティング系、IT系、医療ヘルスケア関連、化学系、外資の製薬企業などに強みがあります。

GRS

GRS

GRSの公式ページはこちら

グローバル人材のための海外転職・外資系企業を専門とした転職エージェントです。
求人案件の80%以上が英語力必須のポジションとなっており、銀行や証券・生保などの金融系、各種メーカー系や商社、コンサルティング、IT系など、幅広い業界に優良なクライアントを持ちます。
ビジネスレベルの英語力を持つプロフェッショナル人材におすすめです。

HRコンサルティング

HRコンサルティング

HRコンサルティングの公式ページはこちら

全国の外資系高級ブランドやアパレル企業に特化した人材紹介会社で、リサーチ型のヘッドハンティングを実施しています。
優秀な人材には登録していなくてもヘッドハンターから直接連絡があるパターンのリサーチ型が基本ですが、自身での登録も可能です。外資系高級ブランドやアパレル業界のプロフェッショナル人材なら登録して、スカウトを待つのも有効な手段です。

海外求人に特化した転職サイト・エージェント

QUICK USA

QUICK USA

QUICK USAの公式ページはこちら

ニューヨーク、ロサンゼルスを拠点とし、アメリカへの海外転職に特化した転職サイトです。
活躍中のピジネスパーソンや優秀な留学生のために、アメリカへの転職、就職・転職サポートをしています。
入社後のフォローも万全です。

WORK USA

WORK USA

WORK USAの公式ページはこちら

アメリカでの就職を目指す人のための就職支援サイトです。
アメリカでの就職説明会のワークシヨップに参加し、カウンセリングを受け、日本人を雇用したい企業との出会いを探せるサイトです。メルマガに登録すると、定期的にアメリカの新着求人情報が届き、夢を現実にするサポートがあります。

カモメアジア転職

カモメアジア転職

カモメアジア転職の公式ページはこちら

アジアの就職や転職に特化したリクルートが母体の転職サイトです。
シンガポール、ベトナム、タイ、インドネシア、インド等のアジア圏47拠点で運営し、求人案件数もバリエーションもトップクラスです。新卒からハイクラス案件まで、アジア地域で仕事したい人材なら、まずは登録をしてみましょう。

BRIDGE

BRIDGE

BRIDGEの公式ページはこちら

海外求人・海外就職専門の転職情報サイトで、特にアジア地域に強みがあります。
求人情報の掲載だけでなく、国内外の転職エージェントに一括登録しオファーを待つ「一括登録」サービスや、国際派のグローバル人材のための転職支援サービスをしています。
タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、インド、上海、シンガポールなどの求人が得意です。

ABROADERS CAREER

ABROADERS CAREER

ABROADERS CAREERの公式ページはこちら

アジアに16以上の拠点を持つネオキャリアグループのネットワークで、東南アジアを中心とした日本人向けの海外求人をまとめて探せる海外転職情報サイトです。
タイ・マレーシア・インジネシア・ベトナム・シンガポール・中国・カンボジア・インド・フィリピンなど、日系企業や現地企業の求人案件が探せます。

REERACOEN

REERACOEN

REERACOENの公式ページはこちら

ネオキャリアグループが運営する東南アジアに特化した転職エージェントです。
インドネシア、フィリピン、中国、シンガポールに強みがあり、特にインドネシアは日系企業の現地法人から現地会社まで約5000件の求人案件と圧倒的なシェアとなっています。
ハイクラス求人だけでなく敷居の低めな案件もあり、コンサルタントが親身になって対応してくれますので安心ですね。

ICONIC JAPAN

ICONIC JAPAN

ICONIC JAPANの公式ページはこちら

外資系求人、グローバル求人、アジア転職(ベトナム・インドネシア・マレーシア)に特化した転職エージェントです。特にベトナムに強みがあります。
日系企業の海外駐在案件からグローバル企業での国内勤務案件まで、非公開のグローバル求人を幅広く保有しています。東京と海外5拠点のネットワークで日本人キャリアアドバイザーが常駐し、さまざまなサポートをしてくれます。

GJJ海外就職デスク

GJJ海外就職デスク

GJJ海外就職デスクの公式ページはこちら

海外就職を目指す、はじめての海外転職を支援するポータルサイトです。
ハイキャリアでない人材や、英語力に自信のない場合でも、熱意だけはあるというチャレンジング人材向けの各種説明会や現地視察ツアーなども頻繁に開催しています。
グローバルに世界で活躍できる人材を育成するための「グローバル人材塾」プロジェクトもありますので、トライしてみるのも良いでしょう。

アースタイムズ

アースタイムズ

アースタイムズの公式ページはこちら

格安留学や海外求人の紹介サイトで、無料相談会なども開催しています。
海外でのツァーコーディネーターや日系飲食店・和風レストランやホテルなどの求人情報も多くあり敷居は低いですが、収入も現地通貨やローカルレベルなので低めケースも多々あります。バックパッカーのような地球規模での暮らし方、自由に世界で働きたい人のためのサイトで、「地球で遊ぼう!」が合言葉で若者向けといえるでしょう。

WORLD POST

WORLD POST

WORLD POSTの公式ページはこちら

世界各地の求人を紹介する、海外転職に特化した求人転職サイトです。
未経験でもOKの飲食店やホテル、サービス業などの求人が多く、邦人移住者や観光客向け和食レストランや法人顧客向け不動産営業、板前、エステティシャン、旅行手配業務などの経験者求人もあります。
エージェントでは無く求人サイトなので、応募は自己責任で雇用契約をしっかりチェックしてください。

外資系企業の転職市場動向

外資系企業の場合、英語力やコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などが特に求められ、一般的な日本企業で求められる人材とは異なります。また、そのスキルを持っている人も限られるので、ハローワークや一般的な求人サイトなどに求人を出して人材を確保する、という方法は非効率です。多くの外資系企業は、外資系企業に強い転職エージェントを介して、求めているスキルを持っている人をピンポイントで採用することが多いので、転職エージェントへの登録は欠かせません。

大手はもちろんですが、日本企業のグローバル化はますます進んでいます。近年は特に、中小企業でグローバルに戦える人材が求められていますが、知名度の低さや大手と比較した時の収入などがネックとなり、現実的には不足しています。

会社の規模にとらわれず、自分がやりたい仕事はなにか、スキルアップにつながるのか、将来性はあるのか、といったあらゆる角度から企業を見てみることも大切です。

まとめ

外資系や海外グローバル転職を目指すなら、転職エージェントの利用が必須です。
定期的に海外就職・転職に関する相談会やイベント、セミナーなどを開催している転職エージェントも多いので、まずは参加してみると良いでしょう。

外資系・海外の転職事情や、英文レジュメ・英語インタビュー対策など、転職エージェントのサポートは重要ですね。
海外転職の求人は、基本的に優良な案件はどの転職サイトにも少ないので、複数の転職エージェントに登録して併用活用し、情報収集することをおすすめします。

自分のスペックで、外資系や海外転職ができるどうか気になる人は、まずは転職エージェントでキャリア相談してみましょう。
若手向けキャリアアップとして、外資系企業への転職は意外に門戸も広いので、チャレンジする価値はありますよ。
大手の転職エージェントには、さまざまな日本国内勤務の外資系企業の求人案件も揃っています。

海外勤務や現地駐在などの海外グローバル転職の場合は、自力で全て活動するのは困難な面が多々あります。
年俸や現地医療保険の制度確認と手続き、ビザ申請関連、移民法など労働関連の法律、渡航前の感染症対策、職務範囲などなど、転職エージェントの利用は欠かせません
雇用契約の確認と交渉のためにも、現地での仕事環境を整えるためにも、信頼できる転職エージェントを有効に活用しましょう。

外資系転職ならハイキャリア向け転職エージェントを利用する、ヘッドハンティングを行う会員制の転職サービスサイトなどへ登録しておくのも良いでしょう。
自分のキャリアやスペック、保有する語学力などに合わせて、大手の総合転職エージェントへ複数登録外資系に特化した転職エージェントの併用がおすすめです。

ハイキャリア人材なら、ヘッドハンターから条件のよいオファーが期待できる、会員制転職サイトへの登録などもおすすめですよ。

 

転職サイトでいい求人が見つからない理由

転職サイトは数多くありますが、今のあなたに最適な転職サイトを利用することで、あなたにマッチした転職求人にめぐり合うことができますし、書類選考や面接の通過率を上げることができます。

転職サイトを活用して3週間で転職活動を終わらせた私が、転職サイトの選び方と転職サイト・エージェント比較一覧表をまとめています。

転職サイト 比較

最速内定!オススメ転職サイトの活用術

広告を非表示にする

転職サイトに登録してから内定までの流れ

広告を非表示にする

新卒社員はインターネットで息をしてないし、転職活動はシャカイで息ができないし

もう少しで、私自身が退職を迎える5月末になります。新卒くんは就職活動、真っ只中、弊社にもリクルートスーツに身を包んだ瑞々しい方たちが面接にいらっしゃいます。私が就活生だった頃、大手企業の幾つかに内定をいただき、結局は今の会社へ飛び込みました。

続きを読む
広告を非表示にする

the World is you

社会人2年目、社歴1年。白目を剥いて口をパクパクしているうちに時間が経過しました。

続きを読む
広告を非表示にする